就職者の声Voices of job seekers
Main Visual Main Visual
T.KさんT.Kさん

T.Kさん

豊中事業所

自分の障害理解をすることで新しい扉が開きました!!


障害双極性障害 
年代性別30代女性 
職種事務職 
利用期間4カ月 

福岡 良仁

担当支援員

施設長

福岡 良仁

体調が安定せず、家族からも理解してもらえない日々・・

気分の波によって体調が安定しないため、学校や仕事を休むことが続いていました。自分の活動計画を立てることが苦手で、約束を入れることが怖くていつも自信が持てない状態でした。前職では障害特性をハッキリ言いにくい環境だったこともあり、誤解を受けるなど辛いこともありました。医師から診断を受け、一人で障害特性の対策をしていましたが、家族からも体調の不安定さについて不満を言われることが続き心身共に疲れてしまっていました。

業務訓練を通じて自己理解を深める事が出来ました!

業務訓練を通じて自分の得意・苦手なことがハッキリと分かりました。業務訓練での失敗やこれまでの挫折の理由をノートに細かく書き出し、書籍も熟読して徹底的に自分自身のことを分析しました。その結果、体調の変化に注意が向きにくいこと・時間管理の甘さに気付くことができました。それからは手帳に事細かく言語化し、その内容を見て理解することで、自然と生活全般が整うようになってきました。今まで「体質だから仕方ない」と思っていたことの中にも、やり方を変えるだけで改善できることがあると気付くことができました。
※業務訓練・・利用者同士チームとなり、疑似的に製造業の会社運営を行います。

介護施設に関連する事業所の事務で就職が決まりました!

今回豊中事業所豊中事業所からこの職場を実習先として紹介して貰いました。実習を通して1番良かったことは、実際の職場環境に携わることができたことです。実習中は実際の仕事に取組みながら職場の方とのコミュニケーションの取り方等、自分の肌に合った環境だと実感することができたり、業務の中でぜひ自分が担当してみたい!!と思う部分が多々ありました。また仕事内容は多岐にわたり、苦手なことや未経験の業務も含まれ不安はありますが、それよりもこの職場で働きたい!!と強く思うことができ、この度ご縁があり採用していただきました。

目標は安定した就労を続けることです。

新しい職場は人との穏やかな繋がりがある場所です。甘すぎず、厳しすぎない環境で自分を律することが必要な場所だと思っています。障害を持っている中で自らに打ち克つことは必ずしも簡単なことではありません。ただ今回の職場には、何よりも困った時や気になったことを身近に話せる人がいることがとても心強いと思っています。又、私は生活にも重きをおいているので、衣食住がおろそかにならないよう日々健やかに過ごして行きながら安定した長期就労を目標に頑張っていきます。