就職者の声Voices of job seekers
Main Visual Main Visual
S.KさんS.Kさん

自分を受け止めたからこそ、先に進むことができた


障害名双極性感情障害 
年代性別50代 男性 
就職先農業 
利用期間1年

うつ症状による過緊張に苦しめられる日々。過度な責任感を感じ体調不良にも・・・。

双極性感情障害を患っておりましたが、特にうつ状態による過緊張に苦しめられました。
作業が円滑に進まないばかりか、指示を受けた内容が理解できないといった事象が度々ありました。又、過度の責任感に起因する体調不良にも苦しめられました。

自分を客観視することが障害受容につながった。

日々の活動に対しての思考や感情を、「振り返りノート」という形で綴り、支援員の方に見てもらうことで、意見交換をして頂きました。
この取り組みで、障害自体を客観視できるようになり、自身の障害受容を進めることができたと感じています。
また、コネクトに通所するようになって障がい者雇用のオープン就労などの知識も得られ、障害と共存してゆけると感じ、勇気を得れました。

未経験の職種へ就職を決断。肌で感じたからこそ、この仕事を選べた。

就職先の業務は、屋内農園での水耕栽培や加工業務です。
自分自身、未体験の分野の業務ですが、仕事の体験をする中で楽しそうだとの印象を受けました。また、他の就職希望の方たちも、自分と同じく初めての体験に違いないと感じ、みんな同じスタートラインだと感じれたことも、この仕事を選んだ理由です。

これからの人生は、家族と幸せに生きたい

コネクトでは、障害特性を分かり易く教えてもらえた点を大変感謝しています。
自分を振り返り、自らを知り直す1年間の教室だったと思います。
これからは、安定した就労を通じて、家族の幸福な生活を実現したいと考えております。