就職者の声Voices of job seekers
Main Visual Main Visual
T.KさんT.Kさん

支援員の励ましやフォローがあったので、就職活動を続けることができました


障害名不安抑うつ障害  
年代性別30代男性  
就職先大手ICT企業  
職種一般事務  
利用期間1年11カ月

仕事の不安・ストレスから発症するも周りから理解が得らえなかった

私の障害は不安抑うつ障害です。CONNECTに通所する以前は、広告代理店で営業をやっておりました。 100時間近い残業時間に加えて、ハードワークで病気を発症してしまいました。最初は周囲との違和感を覚え、やがて朝起きると体が鉛のように重くなって全く動けなくなりました。上司に相談するものの全く取り合ってもらえず、自責ばかりする日々が続きました。 両親が異変に気付き心療内科に行くと「不安抑うつ障がい」という診断でした。 大きな不安や大きなストレスを抱えると、一時的にうつ状態になるというのが障がい特性でした。今思い返すと自分の病気と相まって、社会から理解されず孤独でとても苦しい日々でした。

まずは週5日働くための生活リズムから、自分の課題や苦手なことを克服していけました

私は生活リズムが激しく不規則になっていたので、その改善が先決でした。毎朝決まった時間に起きて、週5日間規則正しい通所と運動プログラムのウォーキングで5,000歩歩くことで修正できました。また、周囲とのコミュニケーション方法で自己主張がとても苦手でしたので、正しいアサーションを講義で学べたこともとても良かったです。 ストレスの仕組みについて、学べたことも大きかったです。就職活動をしてみて、CONNECTでの全てのプログラムが活かせたと感じました。面接官の方には具体的に訓練内容を伝えることができ納得してもらえました。 また、自己分析を支援員の方と徹底的にしたり、ディスカッションに参加する事で自分の思いを上手く伝える方法も学べました。 口下手だった自分の苦手分野を克服できました。

支援員の励ましやフォローがあったので、就職活動を続けることができました

担当支援員の方とは、本当に二人三脚でいろんな問題に取り組めました。どんなときも励ましてくれる支援員の方の温かいお言葉に、何度救われたかわかりません。自分が直面したどんな問題にも、嫌な顔ひとつせずに 「ここまで親身になってくれるのか!!」 と思いました。しかし優しいだけでなく、時には厳しいお言葉で叱咤激励していただいたのもありがたかったです。競争倍率が高い大手企業を多く受けて内定一歩手前で落ちることが多かったとき、ひどく落胆した自分にフォローを上手く入れていただきモチベーションの維持ができたのは、本当に担当支援員の方のおかげでした。
CONNECTは私にとって「学び」、「ふれあい」、「憩い」というかけがえのない場所でした。 座学と訓練を通して多くの知識を学びました。 そして、同じ悩みを持った「仲間」とコミュニケーションをとることで精神的にもかなり安定しました。 レクリエーションの時間は、UNOをやったり、支援員の方が考えたゲームで盛り上がったりしました。 思い返せば「第二の我が家」ともいうべき場所でした。CONNECTのアットホームな、まったりした空気が本当に好きでした。もしも、CONNECTに通所するか否か迷っている方がいたら迷わず入所して下さい(笑)、本当にいい場所でした。

もう一度問題を解決する喜びを感じながら多くの人の問題解決に役立ちたい

私は某大手ICT企業に、一般事務で内定をもらえました。以前広告代理店の営業をしていた時から、お客様の問題をソリューション(解決)することに喜びを感じていました。もう一度就職するのであれば、やはり同様の問題をソリューションできる企業がいいと考えていました。また当初は大手企業の正社員での就職に固執していましたが、そうではなく改めて「自分は何が本質的にしたいのか?」という原点に立ち返った結果が今の内定先でした。まだまだ力不足ですが、これからも多くのお客様の問題解決に役に立てたら幸いです。
もしも、この病気になっていなければ出会えなかった人、体験できなかった苦労があると思うとそれもまんざら悪くないのではないかという考えにCONNECTに通所してから変わりました。中国の古い言葉に「塞翁が馬」ということわざがあります。 簡単に言うと幸不幸は推し量れないということです。それまで自分の病気、失業ということに卑下していました。しかし、同じ悩みを持つ仲間や、親身な支援員の方との出会い、そして結果的に再就職できたことで考え方が変化してきました。 家族もこの変化と就職を非常に喜んでくれて、それまで卑屈だった考えから前向きになった私の姿を褒めてくれました。

夢はいつかヨーロッパにサッカー観戦に行きたい

これからの目標はまずは社会復帰にあたり、体を慣らしていこうと思っています。具体的には、未経験の事務のお仕事なので、仕事を正確かつミスなく遂行することと、仕事を一日でも早く覚えることです。そして、親の年齢も考えて親に仕送りができるようになりたいです。あとはサッカーが大好きなので、遠い目標と夢になりますが、レアルマドリードとバルセロナの伝統の一戦「クラシコ」を有給休暇を使って観戦しに行きたいと考えています。