就職者の声Voices of job seekers
Main Visual Main Visual
N.MさんN.Mさん

N.Mさん

天王寺事業所

大人になって自分が発達障害とわかった私が気づいたこと・・そして新しい未来への挑戦!!


障害名ASD・神経症 
年代性別30代・女性 
就職先保険会社 
職種事務職 
利用期間1年

園田 千裕

担当支援員

職業指導員 / 社会福祉士

園田 千裕

会社で失敗を繰り返し自信喪失・・その時初めて自分の障がいに気づきました。

私自身の障害の診断が出たのはここ1年以内の出来事です。今までの学生生活や交友関係において生きづらさを感じた事はあまりなかったのですが、いざ働いてみると「なるべく早めに」や「適当に」などといった曖昧な表現が分からない。また努力しても作業ペースがなかなか上がらず周りのスピード感に追いつけない。簡単な計算を暗算で出来ない・・等が重なり、会社からもういらないと言われた時は非常に悔しく、何をするにしても自信が持てなくなりました。しかし会社から何かの障害を持っているのではないかと指摘を受けた事で自分自信を見つめ直す事が出来たきっかけになったと思います。

自己分析で新しい自分と出逢うことができました!

天王寺事業所での自己分析のプログラムがとても役に立ちました。自分がどんなことに対してストレスを感じるのか、またその解消方法をどうすれば良いのか学びました。さらに自分の長所や短所、作業特性など自分自信の事を初めて一から洗い出しました。その中でも障害に対する価値観は大きく変わったと思います。以前は「障害=ハンディーを抱える」という偏見が心のどこかにありました。障害の有無に関わらず、人それぞれ苦手な事、得意な事があり、それが「障がい」として人よりも見えやすい特徴があるだけなんだと痛感しました。又自己理解を深める事で失っていた自信を少しずつ取り戻すことができ、就活に向けての対策を支援員さんとじっくり時間をかけて練る事ができました。

いつでも私のことを信じて応援してくれた支援員さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

私の特性に合わせて一から訓練内容を考えてくださったことも大きな衝撃だったのですが、それ以上にいつでも私以上に私という人間を信じて下さる心遣いが本当に嬉しかったです。最初の頃はとにかく自信がなかったので、就職したいと思う一方で就職できるイメージが全く湧きませんでした。決して年齢だって若いわけでもなく、転職回数も多く、さらに特筆した資格など強みもない私に対して支援員さんは「Nさんなら絶対に大丈夫です」といつも言い続けて下さいました。その言葉が非常に心強く、常に背中を押し続けてくれるので、少しづづ自分を信じる事が出来るようになりました。面接の時に私を「信頼のおける方です」と言って下さった言葉に恥じないように、これからもその信頼に応えていけるよう頑張りたいと思います。

目標は楽しんで働き続ける事です!いつか海外に行って様々な経験をしてみたいです!

一般事務職に就職しました。企業説明を拝見した際に、社風に惹かれたと同時にこの会社のことをもっと知りたいと興味が湧きました。決定打となったのは実習で得た経験です。実習では実際の会社の雰囲気や、仕事内容、また何よりも社員の方々の人柄や志の高さに感動して「絶対にこの企業に就職したい」と強く思い、全力で就職活動に挑み、念願叶ってこの仕事に就く事が出来ました。目標は楽しんで働き続けることです。夢はいつか海外に行ってみたいですが、まずは家族旅行に行きたいです。