就職者の声Voices of job seekers
Main Visual Main Visual
CONNECT卒業生の就職後に密着!(グリコチャネルクリエイト株式会社 Y.Yさん)CONNECT卒業生の就職後に密着!(グリコチャネルクリエイト株式会社 Y.Yさん)

とにかく人に恵まれた環境で働けていることに感謝する日々

Y.Yさん:グリコチャネルクリエイト株式会社 オフィスグリコ事業部 オフィスグリコ販売センター配属(お菓子メーカー/軽作業)

自分の経験を生かせる仕事を見つけた

前職では配置薬を取り扱う会社にて訪問先を回っていました。訪問先で置き薬の補充や交換を行っていました。グリコチャネルクリエイトのお仕事について知ったとき、得意先にお菓子を配置して回るという業務が前職に似ていると感じました。そして、この仕事なら前職の経験を生かせるのではないかと思い、説明会に参加しました。ブランクもあったため、体力面からもあまり残業の多くない仕事がよかったのですが、労働時間面も9:00から17:00で残業もほとんどないと伺い、応募しました。結果、内定を頂き、現在はオフィスグリコ販売センターにて勤務しています。

最初は忙しくて大変だったが、周りの人に支えられて今がある

入社して3週目くらいから1人で現場を回るようになりましたが、とにかく忙しく大変でした。1日の訪問先と件数が決まっていると同時に、外勤時間も決まっているため限られた時間の中で訪問することに苦労しました。
決してノルマがあるわけではないのですが、各訪問先の売れ行きをもとに訪問頻度が決まっており、スケジュールどおりに訪問できないと先方のお菓子がなくなりご迷惑を掛けてしまうのでなんとか訪問したいという一心でした。

最初はブランクもあり大変だったので、この仕事を続けられるか心配でした。しかし、事業所のみなさんがとても優しかったので、ここまで続けられています。具体的には自分が訪問先から帰ってきた時に片付けの書類を一緒に手伝ったり、早く帰宅できるように気を遣ったりしてくださいます。みなさんもお忙しいのでそれくらい自分でやるのにと恐縮しつつ、私の様子や体調を気遣ってくださるその思いやりを日々、ありがたいと思っています。正直、周りの方がいらっしゃらなかったら、私はここまで仕事を続けられていなかったです。

体力的に大変なことはありますが、日々楽しく仕事ができています。また、周りの方のご配慮もあり、定時で仕事を上がらせていただいているため、仕事とプライベートの切り替えができています。家に帰った後は食事をして、ネットサーフィンやYouTubeを見るなどしてリラックスして過ごせているため、また翌日の仕事に備えられています。

お客様の気遣いが大きなやりがいに

やはりお客様から「ありがとう」と言われたときは嬉しいです。でも一番頑張ろうと思える瞬間は、訪問先のお客様からお気遣いの言葉を頂くときです。例えば、補充した商品の置き場を「ここまで持ってきてくれたら後は戻しておくよ」と気を遣って声を掛けてくださることがあります。また、雨の日には濡れるからと車を停める位置をより建物の近くにしてくださることもあります。このようなお客様の心遣いを感じる瞬間はやりがいになり、お客様のためにもっと頑張ろうと思えます。

私のために気を遣ってくださり、よくしてくださる会社内の方々やお客様のためにも、もっと仕事の質とスピードを上げて、たくさん訪問できるようになりたいです。これからも一生懸命仕事を続けられるよう頑張りたいと思います。

1日の流れ

~9:00 出社
販売業務にむけて、着替えや必要な端末を準備します。

9:00 始業
訪問の際に必要なお菓子の数が記載された指示書を確認した後、車の中に残っているお菓子の数を確認して、必要なお菓子を倉庫から補充していきます。

9:30 出発
車で出発して訪問先に向かいます。1日の訪問件数はだいたい12~13件くらいです。多い日には15件くらい回ることもあります。

10:00 訪問先に到着
訪問先に到着したら、車から商品を取り出し、訪問先の建物に入ります。オフィスグリコの設置先に到着したら、商品の補充をしていきます。
実はお菓子だけでなく、オロナミンCやレッドブルといった飲み物を扱うこともありますよ!

10:20 次の訪問先へ
商品の補充が終われば、次の訪問先へ向かいます。
1件あたりの訪問時間は様々で、中には2時間くらい訪問して各設置スペースを補充していくような訪問先もあります。

先方からは「新しく入ったものはありますか?おすすめはありますか?」など質問をいただくことがあります。なるべく笑顔で丁寧にお答えするよう常に心掛けています。

途中、昼休憩を挟んで、予定している訪問先を回っていきます。

16:10 最後の訪問を終え、事業所へ
最後の訪問を終えたら事業所へ帰社します。
スケジュール通りに訪問できないとわかったときは、必ず上司に報告・相談をして、ここだけは優先的に回る等指示を仰いでいます。

16:30 帰社・後片付け
車で事業所に戻ったら、回収してきた現金を確認します。また、車に積んでいる商品を倉庫に片付けます。時間があれば次の日の準備をします。
このとき、早く帰宅できるように事業所のみなさんが手伝ってくださることも!

17:00 退社
時間になったら退社します。帰宅後は食事をしてリラックスして過ごしています。
体力を使う仕事なので仕事を始めてからは、ご飯を2杯くらい食べています!笑

企業ご担当者さまからのコメント

Glicoグループは、多様な属性の人たちの活躍を目指して、ダイバーシティを推進しています。グリコチャネルクリエイトでも、実際の業務精査や適材適所の採用・定着等を進めています。オフィスグリコでも多くの方が、職場へ笑顔やリフレッシュ(ほっとひと息)を届けるために、さまざまな業務に着いています。皆さん、個性はさまざまですが、Glicoスピリットである「創る・楽しむ・わくわくさせる」を実践しながら、やりがいを持って勤務してもらっています。今後も、障がいがハンデとならない業務の開発や、長期雇用を支援する体制と仕組みづくりにも取り組む予定です。

Yさんはオフィスグリコの販売センターで勤務してくれています。退社時間までに目標の件数が回れるよう、一生懸命回っていますが、当初はお菓子の補充する台数や種類が増えると戸惑うこともありました。その際は、Yさんと相談して什器自体を大きくできる訪問先の分は大きくすることで、細かく個数を決める必要をなくしました。すると、Yさん自身が作業しやすくなり、対応できるようになりました。
特に成長した部分は整理整頓を意識してできるようになった点です。整理整頓ができていない状態で作業を行うと作業効率も落ちてしまいますが、常にきれいにしておくことでスムーズに商品の取り出しができるようになりました。車の中も最近きれいに片付けができており、今は事業所内で一番きれいなくらいまで整頓できています。コミュニケーションが取れるようになった点も大きく成長した点です。スタッフの会話の輪に自然と入れるようになったり、周りの人に頼ることができるようになったりしています。
今後もさらに効率良く訪問できるようになることとお客様の声を吸い上げて陳列に反映できるように期待しています。そして何より、外勤担当はYさん1人だけなので今後、同じような障がいを持つ人が外勤担当になるときのお手本として「目印」のような存在になっていってほしいと思っています。