就職者の声Voices of job seekers
Main Visual Main Visual
M.HさんM.Hさん

M.Hさん

新大阪事業所

考え方を変えることで、「これからの自分は変えられる」と気付きました


障害うつ病 
職種清掃業 
利用期間9カ月

奥 真海

担当支援員

生活支援員

奥 真海

仕事も家庭も不安定で追い込まれていました

私はうつ病を患っています。
前職は警備員をしておりましたが、この仕事で苦労したことは「自分が今何処の現場にいるのかが分からない」ことでした。無線を付けて仕事をしていたのですが、方向がわからないため急病人やエスカレーター停止時に現場に駆けつけることができませんでした。
家庭では家内との関係が不安定になることが多かったため、よく頓服を飲んで精神を安定させていた覚えがあります。家内の調子が悪くなれば同じように自分の心も不調になるということを繰り返していました。家内の動向に自分も左右されることが多かったため、家内との関係に凄く気を遣っていました。

親身に支援いただいたことを忘れず前向きに取り組みます

CONNECT新大阪事業所での訓練では実際の企業に見立てた「業務訓練」が凄くプラスになりました。個人ワークでは一人でしか物事を考えなかったのですが、チームで軽作業に取り組むことでより仕事に近い環境で業務を行うので自分にとって非常に役に立ちました。チームに入ったばかりの時は、メンバーのスピードに圧倒され全然ついていけず悩むことも多かったです。気を遣い過ぎて質問を遠慮したりしていました。
しかし、訓練を繰り返すうちに作業も慣れてきて、分からないことも質問できるようになり前向きに考えれるようになりました。

担当の奥支援員には家内のことで何度も相談にのっていただき助けられました。嫌な顔ひとつせずに親身に相談にのっていただいたことは一生忘れません。
その他の支援のエピソードとして忘れられないのは困っていることを紙に書き出す方法でした。こうすることで「何に困っているのか?」を明確にでき、どうすればその困っていることに対処できるのかがわかりました。
この方法は今後プライベートの悩み事や、仕事をするにあたって活かしていけると思っています。

諦めず訓練を継続していくと「余裕」が生まれました!

最初コネクトに入所した時は何をしていても分からない状態で、正直続けていけるのか不安を感じていました。個人ワークを教えて頂いた時も、ワークの内容を理解することができませんでした。
しかし、週に5日毎日通い、同じ作業を繰り返し続けていると慣れることができました。業務訓練に入った時も作業の内容など訳が分からない状態でしたが、何とかここまで続けることができました。
訓練や支援のおかげで徐々に考え方も前向きに変わり自信に繋がっていきました。うつ病という病気にも前向きに考えて付き合っていこうと考えれるようになり、家庭でも家内とも良好な関係を築けるようになってきました。
仕事でも何でもそうですが、分からないことは分からないとハッキリ伝えて自分でも努力する必要があるとコネクトで学びました。
以前は物事から逃げていた自分ですが、「ゆっくりとマイペースに学べばよい」と考えられるようになりました。

コネクトは気持ちを前向きにしてくれるだけではなく、自信をつけてくれて、自分を変化させてくれる場でありました。今となっては私の憩いの場であったと考えてます。

訓練で得た強みを仕事でも活かしていきたいです

私が選んだ仕事は清掃業務です。大学4年間清掃アルバイトをしており、そこで学んだことを活かせたらなと思い応募しました。清掃のお仕事はかなりキツイと思いますが過去に12時間労働という仕事も経験しており、肉体的には大丈夫だと思いました。
チームで仕事をすると思いますが、今までもチームで仕事をしていたのでその点は問題ないと思いました。そして外出する仕事ではないので、暑さや寒さにも悩まされることはないと思いました。
家庭でも掃除をして、部屋を綺麗にすることが好きなので自分に合っているかなと思いました。
目標は清掃の技術を極めることです。自分が入所者の方の部屋を掃除することによって喜んで頂き、笑顔を沢山見たいという希望があります。仕事に真面目に取り組んで自信を付けていけたら良いなと考えています。そしてみなさんが何を望んでいるのかを自分で考え、ニーズに答えられるような人間になりたいと思います。
夢は清掃のプロで、もし清掃に関する資格があれば挑戦してみたいと思います。
今後、仕事を通して人の役に立つ人間になりたいと考えております。