豊中事業所 手芸部の作品紹介♪

みなさん、こんにちは。豊中事業所の瀧浪です。
師走ですね。みなさんお正月の準備は進んでいますか?
私は今年はなーにも頑張らないでゆっくり過ごそうと決めました。笑

本日は私が毎週金曜日に利用者さんと一緒に行っている手芸の作品紹介をさせていただきたいです♪

こねくとでは毎週金曜日に、一週間の最後の一時間で、訓練を忘れて“レクリエーション”を一緒に楽しみます。
コーヒーとお茶、お菓子を取って、のんびりおしゃべりしたり、ゲームしたり、パズルをしたり…そして最近は手芸も始めました!

作品紹介の前にちょっとだけ私の話にお付き合いいただければ…

私と手芸の歴史

私は幼少期から母に手芸を教わりました。私の母は、ズバリ手芸の達人ですね。
実家は家中、母の作品が飾られています:パッチワークのカーテン、押し花で飾った茶箱、歌舞伎の絵で飾られた押し入れの扉、天井も床のタイルも全て手作りです。とにかく派手でございます!
母は今でも素敵な作品を作り続け、地元の手作り市場やネットで出店しています。

こういった作品を作っています🌸

私が母から教わった手芸の種類は、かぎ針、棒針編み、ミシン、手縫い、などなど。
ちなみにかぎ針が一番得意です♪
小学校の頃は自分のお人形さんたちにドレスを編んだり、父に寝間着を結ぶ細い帯を編んだり、自分にマフラーやポーチを編んだりと、大ブームでした。
一昔前に時々電車で編み物をする人を見かけたと思いますが、それは私と私の母と父でした。笑 (父も母から編み物を教わり、私に立派なセーターを何着も編んでくれていました!)

こういったわけで、過去の記憶を思い出しながら、手芸に興味のある方にはレクの時間に基礎から教えさせていただいています。私は専門用語はよくわかっていないので、私の独自で考えた口頭指示で伝授させていただいていますがよくみんなついてきてくれるな~と感心しています。

こねくとで手芸を広めようと思った理由

何かを手作りされた経験のある方は共感してくれるかなと思いますが、世の中たくさんのかわいい既製品が売られている中、自分の手で、たくさんの時間をかけて作った物って、なんだか特別な暖かみがあったり、愛おしく感じたりすると思うんです♪ 自分が何かを作ったという達成感も、最高です。臨床心理学の分野では「絵画療法」という技法もありますが、手芸も同じようにセラピー要素があるのではと考えます(私自身がとても癒されてきたので)。今の時代は便利すぎるもので、意外と自分たちの手で何かをつくる機会が大幅に減少しています(原始人と比べたらね)。自分が作った物は、既製品と比べたら欠点があるかもしれませんが、愛嬌もたっぷりありますよ♡世界でたった一つの作品なので♪

こねくと豊中の手芸部の作品紹介♪♪♪

まずは個人作品からです✨✨

こちらは初級編のポンポンとお花の飾りです!簡単に作れるので、1回のレク(50分)で完結できるプロジェクトです!事業所のロッカーの鍵に飾られる方が多いです♪

次の写真は、利用者さんが飼っているももちゃんという猫ちゃんですが、なんとももちゃんが着ているお洋服は彼のママの手作りなんです!(あ、ももちゃんはオス猫くんです🍑)

しかも、ももちゃんのママはこねくとの手芸部に参加されるタイミングで全くの初心者でいらっしゃいましたが、「編み物って楽しい~」と言いながら見る見る技術を上達されて、気づいたらこちらのポンポンつきケープや、ももちゃん用の立派なブランケットを編んでいらっしゃいました!手芸部顧問の私も驚きました!

次は、共同作品です✨✨

ハロウィンにあわせて、みんなでハロウィンリースを作りました!

オレンジと黒のポンポンをメインに、デザインの才能に溢れた女性の利用者さんが考えてくださった白いおばけポンポンと、フェルトで作ったジャコランタン・おばけ・黒猫を飾りました。うん、かわいいいいい♡

次に、クリスマスに向けて、私も初めてだったのですが糸とボンドで作ったクリスマスツリーの製作にたくさんの方に付き合ってもらいました。

左のツリーと右のツリーでボンドの塗り方を少し変えて実験してみたので…成功した方とそうでない方の差がものすごいですが💦これもまた愛嬌かなと思います♡笑 飾り付けも利用者さんに手伝ってもらいましたが、か…かわいいいい♡

クリスマスプロジェクトがもう1つありまして、ハロウィンで使ったリースを再利用してクリスマスリース作り直しました。先ほど言ったデザインが得意な利用者さんにデザイン案を紙に描いてもらい、残りの我々はそのデザインを実現するために協力して毛糸の玉をほどいてから何重にも折って、束ねて、編んでいきました。

作業風景です。このみんなの一体感✨
そしてこちらがデザイン案と、完成品です✨✨

もう、かんぺき♡

リースの周りには、手芸部の代名詞でもあるポンポンと、紙から切り抜いた雪結晶と、こねくと卒業生の方が差し入れしてくださった折り紙の飾りを配置して、スタッフ席の後ろの壁がとっても華やかな感じに仕上がりました~~~♪全て、利用者さんの手作りです。

来年も、また新しい作品との出会いがたくさんありますように♡
手芸部は、いつでも誰でもウェルカムなので、初めての方でもご参加ください♪♪
最後まで読んでいただきありがとうございました。

豊中事業所ブログ