木成り(木で完熟)のみかん 継続のチカラ

みなさん、秋の深まりを感じる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
新大阪事業所の堀井です。
今年もあと残すところ3ヵ月をきりました。就職活動やその為の準備の為にみなさん日々取り組まれていると思います。

さて最近は季節の変わり目で風邪や体調管理に気をつかわれていると思います。そんな中で、私が毎年この時期に気になる・楽しみにしていることをお伝えできればと思っています。それは、体調管理の為にビタミンCをとることなんです。私の住んでるところの近くは毎年この時期になるとドライブやツーリングでにぎわっています。今年はコロナの影響もあり比較的静かな時期もあったのですが、最近ではアウトドア人気もあってかキャンプをあちこちでされています。

木成りのみかん

そんな中、休憩エリアにもなっているスポットがあるのですが、そこでこの時期になると柑橘類を販売するために和歌山の産地から直販に来られています。みかんは個性がある商品が多いのですが、共通しているのは木成りのものなんです。木成りのみかんってイメージつきますか?スーパーではきれいに袋詰めされているみかんが多いと思います。そんなみかんも綺麗でいいのですが、収穫・出荷・販売までに時間がかかる形態ではどうしても熟成する前の収穫となってしまいます。木成りのみかんは、農薬を使っていないので見た目はあまりいいものではないのですが、味は木で熟した果実だけがもつ味をしています。

先日この木なりのみかんを買い求め、販売をされている方とお話しをしている時におっしゃっていたのが、「みかんは個性がありますが、スーパーで販売されているみかんと同じ土俵で勝負をしたのではみかん農家を続けていけなると感じました。以前は無農薬で表面が少し傷や色味が良くないと出荷をしていなかったのですが、私自身が旅をする中で、こちらの場所は車で来られる方が多いのと近くの休憩スポットでは木なりのみかんは取り扱っておられないため毎週こちらに寄せて頂くようになりました。必ず試食して頂いてから販売をするスタイルが好評でご愛顧頂くようになりました。」とおっしゃっていました。

私の前に並んでおられてお客さんは、みかんを7,000円分購入されていました。きっとお近くの方や知り合いにも分けられるでしょうか(*’ω’*)
このことから、自分の特徴を出す・どこで売るといいのかを考える(産地では、競合多数で埋もれてしまうかもしれません)・継続して取り組むことが大事であると感じました。

就職活動も自己分析において自分の特徴を理解し、作業やコミュニケーションを通じた訓練を通してどこで自分の持ち味を活かせばいいか考えてあったいるところを明らかにした上で継続して求人検索を行い、実習を通じ自分の持ち味を企業に伝えていくことが大事になってくるのは同じであると感じました。

今コネクトに通ってくださっている皆さんや、これから就職活動を自分だけでは進めにくいと感じておられる方は是非お声掛けくださいね!!

食べ物をみても、職業訓練と就職活動が結びついてしまう新大阪事業所の堀井でした。

新大阪事業所ブログ