よくあるご質問

どんな方が利用されていますか?

性別、年齢、障害種別は下のグラフの通りです。
※全事業所のデータです。

利用料金はかかりますか?

福祉サービスなので、9割以上の方が無料で利用されています。

※注1…3人世帯で障害基金年金1級受給の場合、収入が概ね300万以下の世帯が対象になります。
※注2…収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。
※注3…入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、一般2となります。

お昼ご飯は持参ですか?

こねくとでは、お昼ごはんは完全無料でお弁当を支給しています。
毎日いろいろな種類のおいしいお弁当があるので、お昼ごはんが楽しみです。

通所にかかる交通費の負担が厳しいのですが、何か制度はありますか?

こねくとでは、交通費の補助制度を設けています。
一定の条件を満たしている利用者に対し、月額5000円を上限として交通費の支給をしています。
また、お住まいの自治体によっては、「障がい者訓練等通所交通費」といった制度が設けられており、交通費の補助を受けることができます。
詳細は、お問い合わせください。

工賃を稼ぐことはできますか?

工賃作業がメインの事業所ではありませんが、あります。

こねくとは、就労移行支援事業所ですので、基本的には一般就労に向けて、必要な課題に取り組む時間として、通所時間を使っていただきます。
ですので、一定の条件を満たした利用者にのみ、希望に合わせてパソコンの入力業務をお願いしています。(事業所によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください)
また、こねくとでは、通所日数に応じて貯まるポイント制度があります。このポイントは、「就職準備支度金」として、就職に向けて必要性の高いものと交換できます。例えば、資格取得にかかる受験料や、面接時に必要なカバンなどと交換することができます。

利用対象者に制限はありますか?

こねくとは精神障がい・発達障がい専門の事業所です。また、下記の条件を満たす方となります。

1. 一般就労を希望される方
2. 18歳から65歳未満の方
3. 精神保険福祉手帳または自立支援医療受給者証をお持ちの方、もしくは、医師による精神疾患や発達障害の診断書・意見書をお持ちの方

※就労移行支援のサービスは、原則として2年間利用することができます。
※手帳の有無に関してや、これから医師の診断を受けてみようかなという方もお気軽にご相談ください。

通所日数に関する配慮はしてもらえますか?

はい、配慮しています。

通所日数に関する配慮はさせていただきますが、支援が成立する最低限の日数として、週3日の通所が前提になります。
また、午前だけの利用、午後だけの利用なども可能です。
ただし、障害者雇用は、最低でも週20時間の労働が求められますので、最初は少ない日数からでも、最終的には週5日通所を目指す必要があります。