SST(ソーシャルトーキング)

ソーシャルスキルとは、対人能力などの、人が社会の中で生きるための力のことです。
この力を身に付けるための訓練のことをSSTといい、特に発達障がいの方に有効だとされています。

ディスカッション
みんなで様々なテーマにおいて話し合いを行います。意見を主張する、相手の意見を理解する、意見をうまくまとめる、良好な人間関係を保ちながら会話する…など、ディスカッションに参加する課題はそれぞれです。ディスカッションの様子は、スタッフがチェックしており、個別面談で評価シートをお渡しし、良かった点や次回の課題を確認します。
コミュニケーションプログラム
アメリカの精神科医ウイリアム・グラッサー博士が提唱する選択理論という「良い人間関係を築くための心理学」を基盤にコミュニケーション能力の向上を図ります。人から言われた言葉の受け取り方、人に投げかける言葉に自然と変化が生まれ、人間関係はもちろん人生が豊かになります。その他、アサーションなどの会話術も学習します。
ビジネスマナープログラム
名刺交換、メールマナー、文書マナー、電話対応など、社会に出るために必要なビジネスマナーや、採用面接に向けて、身だしなみや言葉づかいなどの面接マナーを学習します。学習した内容は、テストで習熟を確認することで、着実にスキルアップを図ります。
就労準備プログラム
長く安定して仕事を続けるためには何が必要か、また一般雇用と障害雇用、オープン就労とクローズ就労など就職に関する知識を学習します。それぞれの雇用形態のメリットとデメリットを理解し、自分にあった雇用のカタチを考えることが、安定して仕事をするための第一歩です。
ミスをなくすプログラム
メモリーミス、アテンションミス、コミュニケーションミス、ジャッジメントミスという、人がミスをしてしまう主な原因について考え、そもそもミスはどういった脳構造により、引き起こされるのか、どうすれば減らすことができるのかを学びます。ADHDをはじめとする発達障害の方はもちろん、精神疾患の方にも必見の内容です!
ストレス対策プログラム
ストレスがうまく発散できなければ、仕事を安定して続けることは難しいでしょう。一時的にストレスを和らげる「対症療法」と根本からストレスの原因を取り除く「根治療法」の両方から、正しいストレス対策の知識を学習します。あなたならではのストレス対策法を見つけ、就職にそなえましょう。
自己解決プログラム
自己解決力とは、身のまわりで起こった問題を自分の力で解決する力のことで、ある意味、人にとって最も重要な力と言っても過言ではありません。自己解決力がアップする3つの力、「①原因を追究する力」「②アイデア(解決策)を出す力」「③実行プランを作成する力」を伝授します。
オリジナルのSSTテキストで
「就職力」がアップ!
「精神疾患・発達障害の方のSST~内定獲得のための就職メソッド~」という、こねくとオリジナルテキストを利用者のみなさんに無料プレゼントしています。ビジネスマナー、コミュニケーション、ストレス対策などの就職に必要なソーシャルスキルが盛りだくさんです!