就職者の声Voices of job seekers
Main Visual Main Visual
Y.YさんY.Yさん

CONNECTは、自分自身を見つめ直し、前向きになれる心のよりどころです!


障害名ADHD  
年代性別30代男性 
就職先大手食品メーカー 
職種配送 
利用期間10か月

メモ取りプログラムのおかげで自分からメモを取ることができた

私の障害はADHD(注意欠陥多動性障害)です。整理整頓、時間管理、物事の順序立てた理解や、文章の組み立てが苦手です。約束事を忘れたり、必要なものを失くしたりすることもあります。仕事・プライベート関係なく、一つの事に集中しすぎると周囲の事が気にならなくなることもあります。また、多くの情報量が一気に集中したり、想定外の事が起こると、頭がパニックになり思考回路が止まってしまいます。
コネクトのプログラムで役立ったのは「メモ取り」の習慣づけです。作業系の訓練で正確性やスピードアップのために、それまで苦手だった「メモを取る」ということを徹底して教えていただき、その後の業務訓練では、言われる前にメモの準備をする機会が増えました。ディスカッションなどのコミュニケーションをとらないといけない場面では、それまで気にしていなかった「周囲への気配り」にも気をつけるようになりました。

経済的な不安にも親身に相談にのってもらえて、安心できました

担当支援員とのやりとりで印象に残った出来事では、失業手当も無くなりお金も底をつきかけたころに、1ヶ月の支出をすべて見直すことになり携帯回線費用の指摘をいただいたことです。見直しの結果、iPadやモバイルWi-Fiルーターを解約しました。それまで金銭面の相談をためらっていたので「気にせず何でも相談してほしい」と言われたときはうれしかったです。

一緒に就職活動をする仲間がいたからこそ、自分もがんばることができた

CONNECT新大阪への通所のなかで気付いたことは、社会復帰に向けて一生懸命頑張っている人がたくさんいるという事です。さまざまなタイプの障害をもつ人を目のあたりにして、これまでと考え方がまったく変わりました。
コロナ禍の中で、今回就職する会社の説明会に参加させて頂き、前職のルート営業と、ほぼ同じ内容で条件も良さそうだったので、応募することにしました。一次面接から二次面接までの返事を待つ期間が思いのほか長かったため半ばあきらめかけていましたが、二次面接の日程が決まってからは急に忙しくなりました。あきらめなかったおかげで決まってよかったです。

親身になってさまざまな相談に乗ってくれたり、サポートをしていただいたおかげで就職ができました

「何もうまくいかない」「個性が強すぎる変なヤツ」と、これまでネガティブな考えばかりだった私を、コネクトでは受け入れていただきました。また、親身になってさまざまな相談に乗ってくれたり、サポートをしていただいたおかげで就職ができました。私にとってコネクトは「自分自身を見つめ直すための場所」「前向きにさせてくれる心のより所」だと思っています。
これからの目標は、一番迷惑をかけた家族に恩返しをすることです。また、結婚して幸せな家庭を作ることはもちろんですが、同じ境遇にいる人を勇気づけられる存在になることです。