仕事とうつ病の関係、その症状とは?

うつ病とは?

うつ病とは、気分が落ち込んだり行動意欲が失われたりする気分障害の一種です。決してうつ病は特殊な病気ではなく、日本人の15人に1人は一生に一度はかかる可能性があり、特に女性がかかりやすいと言われています。

うつ病「こころの症状」

うつ病の主な症状として、「強い憂うつ感」が挙げられます。これを医学的に「抑うつ症状」といいます。
「むなしい」「気がめいる」といった感情は誰もが経験しますが、このような気持ちは多くの場合、原因となる出来事があります。
そのため、その出来事が消え去ったり、解決する方法が見つかったりすると症状はおさまるものです。ところがうつ病の場合は、原因がわかっても1週間、2週間と抑うつ症状が続く場合もあります。

うつ病の原因となった仕事のストレスとは

普段は明るく社交的であるのに、そこに何らかの仕事におけるストレスが加わって、うつ病が発症するケースがあります。うつ病は、誰にでもなる可能性があるのです。

・仕事の疲れ
・仕事量の多さ
・勤務時間が不明確
・飛び込み営業
・転勤
・パワハラ
・仕事のミスで激しく怒られた
・職場内に嫌な人がいる
・お客様からの激しいクレーム

うつ病になった場合の初期症状は?

うつ病の初期症状として、以下のような症状があげられます。該当する症状があれば、注意が必要です。

・仕事のミスが増えた
・動悸
・胸のつかえ
・頭痛
・腹痛
・集中力が低下
・仕事の効率が悪くなる
・寝不足
・疲れが取れない
・食欲減退
・普段よりイライラしやすくなった
・急に涙が出る

仕事をしている方は、周囲からの期待などで、無理をしてさらに頑張ってしまい、症状を重くしてしまうこともあります。まず、無理をしている自分に気付く必要があります。万が一気付かない場合、気分が沈み、さらにネガティブな思考の連鎖になって、前向きに業務に取り組めなくなり、悩むようになります。自分ではどうにもならない段階になっています。

うつ病になった人の性格には8つの共通点がある!?

もちろん、必ずしもというわけではありませんが、うつ病になりやすい人に以下のような性格の共通点があります。

生真面目

とにかく仕事熱心で、自分が決めた目標を達成しようとする意識が強い人のことです。

自意識過剰で周囲の目が気になる

自意識過剰であることには良い面もありますが、メンタルの調子が悪くなると、いつも誰かに見られている、誰かに悪口を言われているという被害妄想に襲われてしまいます。

責任感・義務感が人一倍強い

責任感、義務感が人一倍強い人は、それだけで自分を追い詰めてしまいます。

感情表現がうまくできない

言いたいことが言えず、感情を押し殺してしまうタイプも注意が必要です。

自己責任の意識が強い

自己責任の意識が強い人とは、「人のせい」にできないタイプのことです。

循環気質

循環気質とは、とても元気でハイテンションなときと、極端に物静かなときがはっきりわかれているタイプのこと。

メランコリー親和型気質

メランコリー親和型気質とは、常識、モラル、正義をいつも意識し、他人との関係をうまく築こうとするタイプのこと。

執着気質

執着気質とは、前述した「生真面目」に似たタイプのこと。仕事熱心、几帳面、完璧主義、正直、誠実、凝り性などの特徴があります。

「うつ病かも」と感じたら

うつ病かも・・と思う方は、精神科・診療内科に症状が軽いうちにご相談してください。うつ病で仕事が出来ない状態になってきたとしても、症状がまだ軽いうちであれば、効力が弱めのお薬の助けを借りながら、うつ病でも勤務を継続することができます。しかし、うつ病の症状が重くなってしまうと、お薬の力では間に合わず、休職が必要になります。

これらの判断に関しては、精神科・心療内科でご相談ください。うつ病の症状には、腹痛や頭痛などがあるので、内科に相談される方もいますが、内科に通院して改善しない場合は、セカンドオピニオンとして精神科・心療内科に相談しましょう。

病気・障害の特性