就活に必要な3種の観点に”アレ”がいる話

こんにちは!新大阪事業所の松本です。

春夏秋冬の中でも、一番「秋」という季節が好きです。
なんだかやる気も出てきますし、行動しやすくなります。

紅葉を見るのが好きでして、近所が大阪城公園ということもあり、今年も妻と一緒に散歩する計画を立てています。
皆さんも、何か出来ることからでも良いので挑戦または充実した取り組みをしてみてはいかがでしょうか?

さて、モチベーションの話ではなく、今回は就職活動で欠かせない3種をアレを伝えたいと思います。
アレとは一体全体なんなのか、是非、お考えいただきながら読んでもらえると嬉しく思います

アレの前に、ヒント!

まずは就職活動において”理解”が重要となります。
その理解というのも3種類の理解が必要なのですが、皆さんは想像つきますでしょうか?

私が考える理解というのは「自己理解」「企業理解」「職種理解」の3つの観点となります。
これをアレできないと、就職後に「こんなはずではなかった!!」後悔する可能性があります・・・!?

こうならないためにも、ひとまず自己理解について触れていきましょう。

必要な自己理解のpoint

仕事で活かせる能力

性格

年齢

経験

強み(優れた長所)

障害特性

上記の6つが必要となるpointとなります。
「年齢のことなんか分かったとるわい!」
おっしゃるとおりです。ですが!これはアレするために必要なことなんですよ(笑)

必要な企業理解のpoint

行動指針

理念

作業内容

社風および年齢層

社員の経歴傾向

経験、スキル、資格

こちらも上記6つがアレするために知る必要があるんです。

必要な職種理解のpoint

価値観

体力

精神力

コミュニケーション

能力、職業的スキル

こちらは上記5つの理解をすることで、ようやく完璧にアレができます!
もうなんとなく、アレの正体が解った人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
それでは答え合わせをしていきましょう。

アレの答え合わせ

正解は ”マッチング” でした!
マッチングとは、日本語でいうところの”結びつける”ということです。

マッチングができていないと就職することが難しくなります
なぜなら応募した企業から「この人材は求めている人材ではない」と思われてしまい、内定をいただけないからです
それどころか、もしかすると選考の最初にあたる書類選考すら通りにくくなります。

今回お伝えした3種の観点を理解し、照らし合わせることによって、限りなく本当に合っている職種で本当に合っている企業に就職できるようになります。

理解する為の方法については現在、開発中のワークシートを通せば出来るようになります!
※ちなみに新大阪のグループワーク化も密かに検討中!

気になるという方は、新大阪事業所まで是非、お越しください!(^^)!

ではでは~ 皆様、良き就活ライフを~♬

新大阪事業所ブログ