お役立ちコラムUseful columns
Main Visual Main Visual

アンガーマネジメントとは?メリットや始め方を簡単に解説【感情をコントロールするために】

2022.06.23

仕事・訓練

怒りは、大人や子供に関わらず、ほとんどの人が経験する人間としての正常な感情ですが、

  • いつも怒ってしまう。
  • 怒りを爆発させてしまう。
  • 感情をコントロールできない。
  • 些細なことに過剰にイライラしてしまう、

などのでお困りの方は、怒りが原因で身体の健康、生活の質、および周りの人々とのコミュニケーションなどに問題が起こってしまうかもしれません。

この記事は次のような人にオススメ
  • アンガーマネジメントについて詳しく知りたい
  • 怒りやストレスに対処する方法に悩んでいる方
  • 怒りが原因で、心身や仕事、人間関係について悩んでいる方

本記事で解説する「アンガーマネジメント」とは、怒りによる感情的・身体的な問題を管理できるように設計されたアプローチです。

現実社会では、怒りを引き起こす状況を完全に取り去ったり、人を完全に変えることはなかなかできません。そこで、アンガーマネジメントは、怒りの原因を認識し、より効果的に怒りやストレスに、対処することに役立ちます。

アンガーマネジメントの目的は、ストレスや怒りを引き起こす状況を最小限に抑え、セルフコントロールを実現させ、自分の感情を健康的に表現できるようにすることなのです。

アンガーマネジメントの種類

アンガーマネジメントには、以下のような種類があります。

認知行動療法(CBT)

認知行動療法(CBT)はアンガーマネジメントのアプローチとしてよく選択される方法です。

この方法は、怒りの原因を理解し、対処法を考えて実践することで、怒りに対する身体的・感情的反応に関する思考や行動パターンへの気づき、スキルアップに重点を置いています。

このアプローチでは、怒りに対して別の思考、感情、行動をとり、より落ち着いて感情をコントロールできる状態を目指します。

弁証法的行動療法(DBT)

弁証法的行動療法(DBT)はCBTの一種で、激しい怒りや頻繁に起こる怒りを持つ人を対象としています。

感情のコントロールや苦痛への耐性、マインドフルネス、人間関係における効果的なコミュニケーションを身につけることで、感情のコントロールを取り戻すために行うものです。

家族療法

この形態のセラピーは、怒りの矛先が家族に向かうことが多い場合に有効です。

コミュニケーションを改善し、問題を解決するために協力し合い、問題の解決を目指します。

心理療法

心理療法(精神力動的療法)は、あなたの怒りとそれに対する反応の心理的な根源を調べ、不健康なパターンを特定し修正するのに役立ちます。

実際のアンガーマネジメントでは、まずあなたの状況と特定の行動を分析し、全体的なアプローチと、心理療法に加えて薬物療法が必要かどうか、などを総合的に判断してアプローチを決定します。

アンガーマネジメントでできること

「出来る」のイメージ画像

アンガーマネジメントは、怒りをコントロールするための治療法です。しかし怒りは、うつ病や不安症のように、正式に診断されたり定義されたりする症状ではありません。

しかし、激しい怒り、破壊的な怒り、コントロールできないほどの怒りは、大きな苦痛や障害を引き起こし、心身に悪い影響を与える可能性があります。

アンガーマネジメントは、怒りを経験したり、怒りを爆発させたりする人の助けとなり、適切に感情をコントロールして日常を改善することが可能です。例えば、以下のような問題に対処することを目指します。

【関連記事】就労移行支援に通うことにストレスを感じてしまう理由とは?具体例や対処法を解説▶

①精神的な健康問題

怒りは集中力を奪い、判断力を鈍らせ、エネルギーを消耗させます。また、うつ病や薬物乱用など、他の精神状態を引き起こす可能性もあります。

②身体の健康問題

怒りは、アドレナリンの急増、心拍の急激な上昇、血圧の上昇、筋肉の緊張の高まりによって、身体に表れます。

これらが長期化すれば、あなたの身体的な健康状態につながる可能性があります。

③キャリアの問題

怒りがあると、学校や仕事に集中できず、成績やパフォーマンスに影響することがあります。

また、仲間との関係も悪くなる可能性があります。創造的な違いや建設的な批判、健全な議論は生産的ですが、怒りを爆発させたりすると、仲間を遠ざけ、悪い結果につながる可能性があります。

④人間関係の問題

怒りは大切な人を傷つけてしまい、その人との関係に打撃を与えてしまいます。周囲の人たちが快適に過ごすことができなくなり、彼らの信頼と尊敬が損なわれ、特に子供にとっては大きなダメージとなる可能性があります。

アンガーマネジメントの利点

メリットの画像

アンガーマネジメントには、以下のような効果があります。

①怒りの引き金を特定する

どのような状況が怒りの引き金になるかを知ることで、そのような状況を回避したり、そのような状況に対する反応を管理することができます。

②考え方を変える

アンガーマネジメントは、怒りに火をつける不健康な思考パターンを特定し、変えるのに役立ちます。

③対処法を身につける

感情をコントロールし、自分の行動を制御し、怒りを引き起こす状況に対処するためのスキルを身につけるのに役立ちます。

④問題を解決する

特定の状況が何度も怒りを引き起こしている場合、解決策や代替策を探す必要があります。

アンガーマネジメントでは、問題をリストアップして対処法を考えます。

⑤コミュニケーションの改善

アンガーマネージメントは、過度に攻撃的にならずに、自分の感情を健康的にコントロールして、相手に敬意を持ち、積極的に感情や意見を表現することを助けます。

これらの利点を理解して、無理なく健康的な方法で怒りに対処することが重要です。

【関連記事】就労移行支援は意味ない?合わないと感じた時の対処法と合わせて解説!▶

アンガーマネジメントはどのような人に必要?

頻繁に口論をする、暴力を振るう、物を壊す、他人を脅す、などの症状がある場合、アンガーマネジメントについて学ぶ、またはサポートを受けながらアンガーマネジメントを行う必要があるかもしれません。

個人セラピーやグループセッションなど、あなたの好みに応じてアンガーマネジメントの進め方を選ぶことができます。個人セラピーはプライバシーが守られ、1対1の対話ができるのに対し、グループセッションは、自分だけが悩んでいるのではないと感じられるようになります。

アンガーマネジメントは意味がない?

なかには「アンガーマネジメントは意味がない」という意見もありますが、感情のコントロールや普段のコミュニケーションに悩みを抱えている方にとっては、非常に意味のあるアプローチとして活用することが可能です。

そのためにも、アンガーマネジメントの種類や目的、方法をしっかりと理解することが必要です。

アンガーマネジメントの実践的な始め方

スタートのイメージ画像

アンガーマネジメントの実践的テクニックには、

  • 怒りの原因や反応を理解する
  • 怒りを上手に管理する方法を学ぶ
  • 怒りに関連する思考や態度を変える

などがあります。

以下に、これらのテクニック、始め方について詳しくご紹介します。

怒りの原因と反応を理解する

怒りを表現する要因、現在および過去の怒りの誘因、それに対する自分の反応、自分自身や人間関係に及ぼす結果や後遺症について、より深く理解することがアンガーマネジメントを考える上で役立ちます。

例えば、配偶者に怒鳴るのは、幼少期に両親が怒鳴るのを見たことが関係しているとか、怒鳴れば自分の欲しいものが手に入るという信念があるとか、そのようなことが分かるかもしれません。

何よりも、深く自分を理解することが重要です。

怒りを和らげる方法を考える

アンガーマネジメントでは、あなたの怒りを回避させる方法や、怒りを紛らわせる方法などを考えます。

例えば、自己主張と直接的なコミュニケーションなどのスキルを練習するためにロールプレイを行ったり、ゆっくりと深呼吸をする、部屋を出て落ち着いたら戻る、リラックスできる写真や画像を使って怒りを和らげる、などの対処法やリラクゼーション方法が考えられます。

実際のアンガーマネジメントでは、現在あなたが置かれている状況や悩んでいる問題に適した方法を考え、対処の方法や管理手段などを実践します。

態度や思考パターンを変える

特に認知行動療法を選択している場合、怒りに関連する思考を再構築し、態度を変えていく、というアプローチをとることもあります。

この場合、怒りや周りの環境に対する態度や考え方を調べ、怒りを悪化させる可能性のある原因を特定します。

専門家のサポートを受ける

どのような治療にも言えることですが、専門家のサポートを受けることは有益なことです。専門家による評価や相談は、トラウマや薬物使用など、精神衛生上の問題を併発していないかを確認するためにも必要だと言えます。

精神衛生上の問題を併発している場合、それらの障害が主要な原因なのか、アンガーマネジメントと組み合わせてどのように対処するのが最善かを、あなたと専門家が話し合ってどのような手段を選択するかを決定します。

【関連記事】精神疾患にはどんな種類があるの?種類や特徴、サポート方法について解説▶

さいごに

怒りは誰もが経験する感情であり、ストレスに反応して生じることが多いものです。

怒りは必ずしもネガティブなものではありませんが、

  • 物を投げる
  • 怒って部屋を出て行く
  • 他人を攻撃する
  • 後で後悔するようなことを言ってしまう
  • 自暴自棄になる
  • 攻撃的に振る舞う

などの怒りに伴う行動をなかなかコントロールできない状態なら、アンガーマネジメントについて考える必要があるかもしれません。

怒りは、健康、人間関係、キャリアに影響を与えることもあります。アンガーマネジメントを学び、実践することで、感情のコントロール、セルフコントロールの維持、怒りをうまく対処する方法、効果的なコミュニケーションなどに役立つでしょう。

まとめ
  • ①アンガーマネジメントとは
    怒りによる感情的・身体的な問題を管理できるように設計されたアプローチ方法のこと
  • ②アンガーマネジメントのメリット
    怒りの原因や対処法、現在の問題などを解決、改善することに役立つ
  • ③アンガーマネジメントの始め方
    • 怒りの原因や反応を理解する
    • 怒りを上手に管理する方法を学ぶ
    • 怒りに関連する思考や態度を変える

こねくとでのアンガーマネジメント

就労移行支援事業所CONNECTでは、施設内訓練のコミュニケーションプログラムとして「アンガーマネジメント」や、就職や生活のお悩みを解決する際に必要なコミュニケーションスキルを学ぶことができます。

その他にも

  • 生活リズムや体力に自信がない方への支援
  • 作業適性がわからない・スキルをアップしたい方への支援
  • コミュニケーションに自信がない方への支援
  • 職場になかなか馴染めない方への支援

をはじめとするサービスを行っています。

こねくとのサービスについて詳しくは以下の関連ページもご確認ください。

【あらゆる悩みをサポート】こねくとのサービスの詳細│施設内訓練▶

記事を読んでいただいたあなたに
プレゼントのご案内

現在、就職を目指している
ご家族の就職をサポートしている】方々のために作成した

障害者雇用就活必勝メソッド」を無料プレゼント中!

  • 知っておくべき履歴書でのマナー
  • 職務経歴書の正しい書き方
  • 魅力的な志望動機や自己PRの書き方
  • 障害特性の正しい伝え方
  • 障害雇用の面接でよくある質問10選
  • 障害者雇用応募書類フォーマット

などなど、就活に役立つコンテンツが盛りだくさん!

下記ボタンから今すぐ友達登録をして、無料で「就活必勝メソッド」をGETしてください!

LINE登録はこちら▶