お役立ちコラムUseful columns
Main Visual Main Visual

手芸のススメ

2023.01.24

豊中事業所ブログ

皆さんこんにちは!豊中事業所の國原です。

もう1月も終わろうとしていますね。いまだに年末年始気分を抱えながら過ごしています。

関西のお雑煮って白みそ使うのね…?と大阪3年目にして気づきました。

我が家はカツオと昆布の合わせ出汁です。菜の花も入れます。

お餅は2個まで!(おかわりの場合は餅1個です。)

これを見た方はぜひ、ご自宅のお雑煮について國原に教えてください。

 

 

豊中事業所では先日のレクリエーションの時間に、手芸クラブを開催しました!

と、さも私の主催で行ったように書きましたが、利用者さんに手芸が得意な方がいらっしゃるので助言していただき開催出来ました。

同じ教室内で丸山施設長は編み物の講座を開き、利用者さんからはモールで作るお花の指輪の作り方を教えて下さいました!

 

 

写真の作品も利用者さんが一つずつかぎ針で作ったお花です。まるで売り物です。

壁のデコレーションは支援員が行いました!

 

利用者さん曰く、「手を動かしていると無心になれるんですよね。」とのこと。

私は傍でそれを聞いていて(え・・・こんな大作を無心で作るのなんて私には無理・・・)と思っていました。

私は手芸や裁縫が大の苦手です。取れたボタンを付けるのも四苦八苦しております。

細かい作業が得意ではないのですよね。

秋に裾がほつれたズボンを永遠に放置しています。(ズボラなだけ)

 

しかし!!!確かにお花の指輪を作っているときは無心だったし(余計なこと考えられないほど私には難しい)、

出来た時はとても嬉しかったので(作るのに苦労しすぎて)

これは一つのストレス解消、気分転換になるのでは?と考えました。

 

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です!

 

手芸のススメ

 

◇無心になれる

手作業には脳を活性化する効果があるそうです。作っているときに無心になることで悩み事や考え事から、一旦離れることが出来ます。また、頭の中を空っぽにすることでリラックス効果もあります。
人間は考える生き物ですから思考を止めるというのはなかなか難しいですが、頭を空っぽにするために手芸やろ!と切り替えられたら心身ともに安定して過ごせそうですよね!

 

◇成果が目に見える

手芸は自分が手を動かして作ることでどこまで進んだのか進捗が見えます。出来上がっている状態がわかると俄然やる気がでます。

あと少し頑張ったら・・ここまでやったしあと少し進めよう・・と考え方が前向きになります。
頑張ったらここまで出来た!という経験の積み重ねで自分にも自信が出そうです!
成功を自分の力で成し遂げられる…!手芸って素敵!!!素敵すぎる!!!!

 

◇集中力が養われる

精神科の作業療法でもビーズ細工や手芸は集中力を養うために行われます。
集中力は元々備わっているものではなく、鍛えていくものなんですね。
作業時間や作成物を徐々に増やしていき集中している時間を長くする。これはCONNECTで行っている作業訓練にも同じことが言えますね。
集中できる時間が続く=出来ることややりたいことが増える
やっぱり手芸って素敵!

 

お花の指輪は子供に大人気だったため大量作成を依頼されて、集中力、忍耐力ともに持続するようになった気がします!(忍耐力の持続には大きな課題あり)

皆さんも、最近考え事ばっかりしちゃうな~、気持ちが沈みがちだな~と思う方はぜひ、手芸を始めてみてはいかがですか?