お役立ちコラムUseful columns
Main Visual Main Visual

こども本の森 神戸 ウォーキング潜入レポート

2023.07.10

神戸三宮事業所ブログ

こんにちは!CONNECT神戸三宮の坂根です。

CONNECT神戸三宮から徒歩10分ほどで「こども本の森」という絵本や図鑑がたくさん揃った施設があります。

子どもだけでなく、大人も楽しめる施設です。
今までは事前予約が必要な施設だと知っていたので、ウォーキングの時に横を通るのみで、
外から見える本棚を眺めていたのですが、雨で人が少なそうだしダメもとで入れるか確認したところ入れました!
ウォーキングの潜入レポートです!!

こども本の森 ウォーキング潜入レポート

入口には受付があり、手ぬぐいやトートバック、六甲山の木で作られた鉛筆などグッズが販売されているコーナーがありました。
よく見える位置に名誉館長の女優竹下景子さんの写真が飾られていました!
係りの方に本棚の説明や、写真撮影について説明を受け、ここから散策スタートです!

入口から少し下り坂になっており、しぜんの森、いきものの森、かんがえる森、いのちの森コーナーと奥にずんずん進んでいけます。

一番奥ではぐりとぐらのイベントが行われており、ぐりとぐらのコーナーがありました!

ギャラリースペースには、ぐりとぐらの複製原画が額に入れて飾られていました。

安藤忠雄さんが建築した建物らしく打ちっぱなしのコンクリート感があり、
ギャラリーの上を見上げると円柱の形のデザインで一番上はガラス張りで光が差し込む神秘的なデザインでした。
ギャラリーは筒状のせいか、反響がすごくて、声が響き渡って不思議な感覚でした。

訪問した利用者さんと一緒に、この本懐かしい~!とずっと盛り上がっておりました。
絵本はロングセラーの定番のものも多いので、どんな世代の方でも同じ話題で盛り上がれるのも楽しいですね。

皆さんが好きな絵本は何ですか?
子どもの時に好きだった絵本に触れると、タイムスリップできる感覚があります。
また、大人になって読むとまた違う意味が見えてきたりと、新たな発見があるかもしれませんね。

おまけ こうべ花時計


花時計のデザインが新しくなっていました。
何のマーク?ゆるキャラ?と謎だったのですが、調べると以下のテーマでした。
こどもっとKOBEロゴマーク
神戸がもっと子育てしやすく、子育てに笑顔があふれるように、市役所をはじめ、神戸全体がともに取り組んでいきたいという想いを込めて制作したロゴマークです。

お問い合わせお待ちしています

兵庫県にお住まいの方

(神戸市(中央区、北区、西区、垂水区、須磨区、長田区、兵庫区、灘区、東灘区)、明石市、西宮市、芦屋市)

の方はもちろんのこと、大阪府内で通所可能な方のお問い合わせも大歓迎です!

引き続きお問合せをお待ちしておりますので、今後ともよろしくお願いします。

CONNECT神戸三宮では、精神保健福祉士、社会福祉士、作業療法士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラーの資格を持ったスタッフで構成されています。ご相談お待ちしております。