お電話での問い合わせ

大阪府

京都府

兵庫県

神奈川県

お役立ちコラムUseful columns
Main Visual Main Visual

回避性パーソナリティ障害とは?症状や原因、対策など詳細を解説!

2023.12.22

病気・障害の特性

こんにちは。

移行労支援事業所CONNECTです。

あなたは、日常生活の中でこのように感じることはありませんか?

  • ・人との関わり合いを避けがちで、社交場面では不安だ
  • ・自己評価が低く、他人からの批判や拒絶を極端に恐れている
  • ・親しい関係を築くことに対して強い恐れを抱いている

今回のコラムでは、回避性パーソナリティ障害について解説していきますので、是非参考にして下さい。

この記事は次のような人にオススメ
  • 社交場面での不安や人間関係の構築に困難を感じている人
  • 回避性パーソナリティ障害(AVPD)についての理解を深めたい人
  • AVPDの対応や治療法に関心がある心理学の学生や専門家

 

オススメ動画はコチラ▼

回避性パーソナリティ障害(AVPD)とは?

回避性パーソナリティ障害は、英語でAvoidant Personality Disorderと表記され、頭文字をとってAVPDと略されることもあります。深い自己意識と社会的な場面に対する強い不安を特徴とする精神的な状態です。この障害を持つ人々は、他人との関わり合いを避ける傾向があり、社会的な場面での不安が強く、孤立を感じ易い傾向にあります。

AVPDについて理解することは、これらの人々が直面する日常の挑戦を理解する第一歩です。AVPDの基本的な特徴と、それが個人の生活にどのような生きづらさを感じているのかを探ります。

特徴

AVPDを持つ人々は、公的自己意識が高い傾向にあります。公的自己意識とは、他者から自分の容姿や行動がどのように見られているのか意識することをいいます。公的自己意識は、社会生活のマナーや弱者への援助など社会生活を送るうえで欠かせない意識ですが、過度な高まりは自己を疲弊させます。

他者からの批判に傷つきやすく、拒絶を恐れることから、体の緊張や声のふるえなどの症状がでる人もいます。その結果、社会的な場や人との接触を避ける行動をとるようになります。また、自分自身の価値を低くとらえ、他人と比較して自己評価が低い傾向にあるため、他人との深い関係を築くことや、新しい環境や未知の状況に対しても強い不安を感じることが多いのです。

日常生活の行動

AVPDを持つ人々は、他人との深い関係の構築や、環境の変化に強い不安を感じることから、新しい出会いや、既存の人間関係を深めることを回避します。これにより、孤立感や寂しさが増し、さらに自己評価が低下する可能性があります。

例えば、職場や学校での集まり、友人との交流など、日常的な社交活動が極端なストレスとなり得ます。その結果、人との関わりを避けることで安心を求めます。しかしその行動は、自分の可能性を活かせないというジレンマにもなるのです。このように、日常生活の中で多くの挑戦に直面します。

AVPDの発生率と人口統計

AVPDは比較的一般的な障害であり、多くの人々がこの状態に苦しんでいます。しかし、その発生頻度や人口統計には大きなばらつきがあります。普及率に関する統計データを詳しく見ていき、異なる人口群での発生の違いに焦点を当てます。

普及率

世界中で行われた調査によると、AVPDの普及率は国や地域によって異なります。一部の研究では、成人人口の約1%から2%がAVPDの基準に当てはまるとされています。しかし、これらの数字は診断の基準や文化的な要因によって変動する可能性があります。また、診断が適切に行われていない場合、実際の普及率はこれよりも高い可能性があります。

人口統計

AVPDの発生は、年齢、性別、地域によって異なることがあります。例えば、若い世代にAVPDの症状がより顕著に現れることがあります。また、男女間での発生率に差があるという報告もありますが、これは社会的な期待や性別に対するステレオタイプによる影響も考慮する必要があります。地域によっても、社会的な環境や文化的な背景がAVPDの発生に影響を与えることがあります。

AVPDの原因

AVPDの原因は多岐にわたり、遺伝的、環境的、心理的な要因が複雑に絡み合っています。これらの要因を一つ一つ詳しく分析し、AVPDがなぜ起こるのかについて深く掘り下げます。

遺伝的背景

遺伝的要素はAVPDの発生に重要な役割を果たすことがあります。家族歴において、AVPDや他の精神障害を持つ親族がいる場合、そのリスクは高まる可能性があります。しかし、その発症のきっかけは遺伝だけではなく、遺伝的要素と環境的要因が相互作用しながら影響を及ぼすと考えられています。

環境と育成の影響

家庭環境や育成方法がAVPDに与える影響は、しばしば見過ごされがちです。例えば、幼少期の虐待やネグレクト親からの過度な批判や拒絶、または過保護な育成スタイルなどです。学校でのいじめ、教師からの強い叱責経験なども、AVPDの発生に関連していることが示されています。これらの経験は、子供が自己価値感を形成する上でネガティブな影響を与え、後の人生での対人関係に影響を及ぼす可能性があります。

AVPDの表れ方と行動

AVPDを持つ人々は、日常生活でさまざまな症状に直面します。これらの症状は、社会生活や人間関係に大きな影響を与えることがあります。これらの症状を具体的なシナリオを用いて詳しく解説します。

社交場面での不安

AVPDを持つ人々は、社交場面での不安を強く感じることが多いです。例えば、パーティーや会議などの集まりでは、他人の目を極端に意識し、自分がどのように見られているかについて過度に心配します。これは、自分の行動や言動に対して過剰に自己批判的であるために起こります。その結果、社交的な場面を避けることで、安心を求める傾向があります。

対人関係の回避

親しい関係を築くことへの恐れは、AVPDを持つ人々が人間関係を回避する大きな理由の一つです。当事者の方は、他人との深い関係を築くことによって、拒絶されるリスクが高まると感じます。そのため、親しい友人をつくることや恋愛関係を避けることが多く、孤独感や孤立感を深めることになります。これは、自己価値を低く評価し、他人からの評価を過度に恐れるために起こります。

AVPDの診断と評価

AVPDの診断は、専門家による詳細な評価と観察を必要とします。その診断プロセスを分かりやすく説明し、DSM-5の基準に基づいた診断方法について詳しく見ていきます。

DSM-5による診断基準

AVPDの診断には、DSM-5に定められた特定の基準が用いられます。これには、社交場面での不安、他者からの批判や拒絶に対する過度の恐れ、自己評価の低さ、親密な関係を避ける傾向などが含まれます。診断を行う際には、これらの症状が長期間にわたり持続していること、そして本人が日常生活をおくる上で困難に感じ困っていることが重要です。

 

診断プロセスの重要性

AVPDの診断は、患者の歴史や現在の症状を詳細に評価することが重要です。医師や心理学者は、患者の過去の経験、家族歴、現在の行動パターンなどを詳細に調査します。また、患者自身の自己報告だけでなく、家族や友人からの情報も重要な診断材料となります。正確な診断は、適切な治療計画を立てる上で不可欠です

他のパーソナリティ障害との区別

AVPDは他のパーソナリティ障害や精神的な状態と混同されることがあります。AVPDを他の状態と区別するための重要なポイントについて詳しく見ていきます。

他のパーソナリティ障害との比較

AVPDは他のパーソナリティ障害と多くの共通点を持ちながらも、独自の特徴を有しています。例えば、境界性パーソナリティ障害(BPD)や自己愛性パーソナリティ障害(NPD)といった他の障害と比較すると、AVPDは特に社交場面での不安や他人からの批判を恐れます。また、AVPDを持つ人々は、自己愛や衝動性が低い傾向にあります。これらの違いを理解することは、適切な診断と治療に不可欠です。

類似する疾患等との区別

AVPDは、うつ病や不安障害などの他の精神的な状態とも区別する必要があります。これらの状態は、AVPDといくつかの症状が重なることがありますが、根本的な原因や持続性に違いがあります。例えば、うつ病では社交場面での不安が一時的に増加することがありますが、AVPDではこれが長期的かつ一貫した特徴となります。正確な区別は、適切な治療法を選択する上で重要です。

AVPDの対処法

AVPDの対処法には様々なアプローチが存在します。心理療法から薬物療法、TMS療法まで、AVPDの管理に役立つ様々な選択肢を提供します。

心理療法による対処

心理療法はAVPDの対処において重要な役割を果たします。認知行動療法(CBT)や対人関係療法(IPT)ソーシャルスキルトレーニング(SST)など、様々な心理療法が症状を軽減するのに役立ちます。これらの療法は、患者が自己評価を改善し、社交場面での不安を減らすための戦略を学ぶのを助けます。また、これらの療法は、患者が自己受容を高め、他人との関係性を客観的に捉え、物事のとらえ方のくせや歪みを改善するのにも役立ちます。

TMS療法とは

TMS療法(経頭蓋磁気刺激療法)はAVPDの治療において新しいアプローチを提供します。この治療法は、脳の特定の部分に磁気パルスを送ることで、神経細胞の活動を刺激します。これにより、AVPDに関連する脳の領域の機能が改善される可能性があります。TMS療法は、特に薬物療法や従来の心理療法に反応しない患者にとって有望な選択肢となり得ます。

AVPDへの理解と対応

AVPDを持つ人々への理解と適切な対応は、当事者の方が直面する挑戦を軽減する上で非常に重要です。このセクションでは、AVPDに対する共感と支援のメッセージを伝え、読者に対して理解と対応の重要性を強調します。AVPDを持つ人々は、適切な支援と理解があれば、より充実した社会生活を送ることができます私たち一人一人が、AVPDについての知識を深め、理解と支援を提供することが重要です

まとめ

POINT
  • 回避性パーソナリティ障害(AVPD)は、社交場面での不安や自己評価の低さが特徴。
  • AVPDの発生頻度は地域や人口群によって異なり、多くの人が影響を受けている。
  • AVPDの原因は遺伝的、環境的、心理的要因が複合的に関与している。
  • AVPDの診断はDSM-5の基準に基づき、専門家による詳細な評価が必要。
  • AVPDの対処法には心理療法やTMS療法など、多様なアプローチが存在する。
発達障害・うつ病・適応障害・パニック障害などで、就職・転職にお困りの方へ
  • 自分に合った仕事が分からない…
  • 職場の人間関係が…
  • 障害を理解してもらえない…
  • 体調や生活リズムが整わない…
  • 仕事が決まらない…
こんな悩みを一人で抱え込んでいませんか?
そんな人には…
精神・発達障害特化の就職支援機関『CONNECTの無料就職相談会』がオススメ!
行政から認可を受けた福祉サービスなので、安心して相談できます♪
  • 専門のスタッフが一人ひとり丁寧に対応!
  • 就職までの道筋が具体的にイメージできる!
  • 生活の不安も様々な資源を提案して解決!
まずは、お気軽にお問い合わせください!
一人で悩まず、私たちと一緒に考えましょう!

CONTACT

お問い合わせContact Us

まずは、無料の個別相談会へ。
わたしたちがあなたの理解者に。

各事業所への
お電話はこちらContact us by phone

telephone

ご希望の事業所へご連絡いただければスピーディーに対応が可能です。
まずは相談だけでも構いませんので、お気軽にお電話ください。

お近くの事業所に
連絡する
お近くの事業所に
連絡する

問い合わせ
フォームはこちらInquiry form

contact

問い合わせフォームから簡単にお問い合わせいただくことが可能です。
お問い合わせ後、担当者より折り返し連絡いたします。
「お問い合わせ詳細欄」にご希望の日時を入力いただけますと、スムーズです。