お電話での問い合わせ

大阪府

京都府

兵庫県

神奈川県

お役立ちコラムUseful columns
Main Visual Main Visual

双極性障害との向き合い方とは?当事者の方への接し方のポイントを解説!

2024.01.05

病気・障害の特性

こんにちは!
就労移行支援事業所CONNECTです。

本日は「双極性障害との向き合い方: 家族・友人・職場での接し方のポイント」について解説します。

・双極性障害の特徴や症状について詳しく知りたい

・双極性障害の家族や友人との接し方に困っている

・職場で双極性障害の同僚とのコミュニケーションに悩んでいる

このようなお困りごとはございませんか?

この記事では、その背景や理由、そして対処法について詳しく解説します。

この記事は次のような人にオススメ
  • 双極性障害の特徴や症状についての基本的な知識を身につけたい方
  • 双極性障害の方の家族や友人との関わり方をより良くしたいと考えている方
  • 職場で双極性障害の同僚との関係をより良好に保ちたいと思っている方

オススメ動画はコチラ▼

双極性障害とは?

双極性障害は、多くの人々が直面する精神的な特徴の一つです。このセクションでは、基本的な特徴や原因を詳しく解説します。

 

双極性障害の基本的な特徴

双極性障害は、感情の起伏が激しいことが特徴的です。主に躁状態とうつ状態の2つのフェーズに分けられます。

●躁状態
高揚感や興奮状態が続く期間。この時期には、自己評価が高くなる、話す速度や量が増える、必要以上に活動的になるなどの特徴が見られます。

うつ状態
気分が沈み、活動量が減少する期間。この時期には、興味喪失、疲れやすさ、集中力の低下、食欲の変動などが見られます。

双極性障害の原因とは?

双極性障害の原因は一つではありません。遺伝的要因や脳の構造、機能の変化、さらには環境的要因などが絡み合って発症すると考えられています。

●遺伝的要因
双極性障害の家族歴がある人は、ない人に比べて発症リスクが高まることが知られています。

●脳の構造や機能の変化
双極性障害の人の脳は、健常者と比べていくつかの部位で構造や機能の違いが見られることが研究で明らかになっています。

●環境的要因
重大なストレスやトラウマ、薬物の乱用などが、発症や再発のトリガーとなることがあると言われています。

双極性障害の人への接し方で大切なこと

双極性障害の人との接し方には、理解と配慮が必要です。このセクションでは、躁状態やうつ状態のときの接し方のポイントを詳しく解説します。

躁状態のときの接し方

躁状態のときは興奮状態が続くため、適切な接し方が求められます。

●話をじっくりと聞く
躁状態のときは話す速度や量が増えることが多いです。そのため、相手の話をじっくりと聞き、理解しようとする姿勢が大切です。

●無理に落ち着かせようとしない
躁状態の人を無理に落ち着かせようとすると、逆に興奮状態が高まることがあります。そのため、無理に落ち着かせようとせず、適切な対処法を取ることが大切です。

●安全を確保する
躁状態のときは、衝動的な行動を取ることがあるため、安全を確保することが重要です。必要に応じて、専門家の意見を求めることも考えましょう。

うつ状態のときの接し方

うつ状態のときは、気分が沈んで活動量が減少するため、適切な接し方が求められます。

●一緒に過ごす時間を増やす
うつ状態のときは、孤立感や孤独感が強まることがあります。そのため、一緒に過ごす時間を増やすなどのサポートが必要です。

●話を促さない
うつ状態のときは、話すことが苦しいと感じることが多いです。そのため、無理に話を促すのではなく、相手が話したいときに話を聞く姿勢を持つことが大切です。

●必要なサポートを提供する
うつ状態のときは、日常生活のサポートが必要になることがあります。家事や買い物の手伝いなど、必要なサポートを提供しましょう。

双極性障害の家族やパートナーへの接し方の例

家族やパートナーとして、双極性障害の人との関わり方には、特別な配慮が必要です。このセクションでは、日常生活でのサポートや情報収集と共有の方法について詳しく解説します。

日常生活でのサポート

双極性障害の人は、日常生活でのサポートが、必要なことがあります。家族やパートナーとして、どのようなサポートが求められるのか、具体的な方法について解説します。

●家事や買い物の手伝い
うつ状態のときは、日常生活のタスクが困難になることがあります。そのため、家事や買い物の手伝いをすることで、サポートすることができます。

●休息の時間を確保する
双極性障害の人は、適切な休息が必要です。家族やパートナーとして、休息の時間を確保することで、サポートすることができます。

情報収集と共有

双極性障害に関する情報を収集し、家族やパートナーと共有することで、理解を深めることができます。

●双極性障害に関する情報を学ぶ
双極性障害に関する情報を学ぶことで、病状の理解を深めることができます。インターネットや書籍、セミナーなどを活用して、情報を収集しましょう。

●家族やパートナーとのコミュニケーションを強化する
双極性障害の人との関わり方には、コミュニケーションが鍵となります。家族やパートナーとのコミュニケーションを強化することで、サポートすることができます。

双極性障害の友人への接し方の例

双極性障害の友人への接し方には、理解と配慮が必要です。このセクションでは、一緒に過ごす時間を大切にする方法や情報収集と共有の方法について詳しく解説します。

一緒に過ごす時間を大切に

双極性障害の友人との関わり方には、一緒に過ごす時間を大切にすることが鍵となります。

●趣味や遊びを共有する
双極性障害の友人との関わり方には、共通の趣味や遊びを共有することが効果的です。共通の趣味や遊びを通じて、コミュニケーションを深めることができます。

●必要なときには距離を取る
必要なときには距離を取ることも大切です。友人の状態に応じて、適切な距離感を保つことが鍵となります。

職場に双極性障害の人がいるときの接し方の例

職場に双極性障害の人がいる場合、適切な接し方やサポートが求められます。このセクションでは、職場でのサポートやコミュニケーションのポイントについて詳しく解説します。

職場でのサポート

双極性障害の人は、職場でのサポートが必要なことがあります。どのようなサポートが求められるのか、具体的な方法について解説します。

●仕事の量やペースを調整する
双極性障害の人は、仕事の量やペースの調整が必要なことがあります。上司や同僚とのコミュニケーションを通じて、適切なサポートを提供しましょう。

●必要な休憩時間を確保する
双極性障害の人は、適切な休憩が必要です。休憩時間を確保することで、サポートすることができます。

コミュニケーションのポイント

双極性障害の人とのコミュニケーションには、特別な配慮が必要です。どのようなコミュニケーションが効果的なのか、具体的な方法について解説します。

●オープンな対話を持つ
双極性障害の人とのコミュニケーションには、オープンな対話を持つことが鍵となります。相手の意見や感情を尊重し、適切なフィードバックを提供しましょう。

●職場の理解を深めるための研修やセミナーを受ける
双極性障害の人との関わり方には、職場の理解を深めるための研修やセミナーが効果的です。研修やセミナーを通じて、職場全体でのサポートを強化しましょう。

双極性障害の人への接し方で悩むときは

双極性障害の人との関わり方で悩むときは、専門家の意見やサポートグループを活用することが効果的です。このセクションでは、専門家の意見を求める方法やサポートグループの活用方法について詳しく解説します。

専門家の意見を求める

双極性障害の人との関わり方で悩むときは、専門家の意見を求めることが効果的です。

●カウンセリングやセラピーを受ける
カウンセリングやセラピーを受けることで、双極性障害の人との関わり方のポイントやサポートの方法を学ぶことができます。

●サポートグループに参加する
サポートグループに参加することで、同じ悩みを持つ人々との交流を持つことができます。サポートグループを通じて、新しい情報やサポートの方法を学ぶことができます。

自分自身のケア

双極性障害の人との関わり方で悩むときは、自分自身のケアも大切です。

●リラックスする時間を持つ
リラックスする時間を持つことで、ストレスを軽減することができます。リラックスする方法は人それぞれですが、趣味や運動、瞑想などを活用して、リラックスする時間を持ちましょう。

●ストレスを軽減する方法を学ぶ
ストレスを軽減する方法を学ぶことで、双極性障害の人との関わり方でのストレスを軽減することができます。ストレスを軽減する方法には、リラックスする方法や運動、瞑想などがあります。

まとめ

まとめ
  • 双極性障害は、躁状態とうつ状態の2つのフェーズに分けられ、それぞれ異なる特徴や症状がある。
  • 双極性障害の原因は一つではなく、遺伝的要因や脳の構造、機能の変化、環境的要因などが絡み合って発症すると考えられている。
  • 双極性障害は、日常生活や人間関係にも影響を及ぼすことがあり、躁状態やうつ状態のときの行動や感情の変動は、さまざまな場面での影響をもたらすことがある。
  • 双極性障害の人との関わり方には、理解と配慮が必要。家族や友人、職場での関わり方についての知識や理解を深めることが大切。
  • 躁状態やうつ状態のときの接し方や、家族や友人、職場での関わり方のポイントを理解し、適切な対応をすることで、双極性障害の人との関係をより良好に保つことができる。
発達障害・うつ病・適応障害・パニック障害などで、就職・転職にお困りの方へ
  • 自分に合った仕事が分からない…
  • 職場の人間関係が…
  • 障害を理解してもらえない…
  • 体調や生活リズムが整わない…
  • 仕事が決まらない…
こんな悩みを一人で抱え込んでいませんか?
そんな人には…
精神・発達障害特化の就職支援機関『CONNECTの無料就職相談会』がオススメ!
行政から認可を受けた福祉サービスなので、安心して相談できます♪
  • 専門のスタッフが一人ひとり丁寧に対応!
  • 就職までの道筋が具体的にイメージできる!
  • 生活の不安も様々な資源を提案して解決!
まずは、お気軽にお問い合わせください!
一人で悩まず、私たちと一緒に考えましょう!

CONTACT

お問い合わせContact Us

まずは、無料の個別相談会へ。
わたしたちがあなたの理解者に。

各事業所への
お電話はこちらContact us by phone

telephone

ご希望の事業所へご連絡いただければスピーディーに対応が可能です。
まずは相談だけでも構いませんので、お気軽にお電話ください。

お近くの事業所に
連絡する
お近くの事業所に
連絡する

問い合わせ
フォームはこちらInquiry form

contact

問い合わせフォームから簡単にお問い合わせいただくことが可能です。
お問い合わせ後、担当者より折り返し連絡いたします。
「お問い合わせ詳細欄」にご希望の日時を入力いただけますと、スムーズです。