フィットネスによりメンタルヘルスを支えたい男の熱いブログ(その①)

みなさま、こんにちは!
豊中事業所の新しいスタッフになりました深谷直暉と申します。
フィットネスにより皆様のメンタルヘルスを支えたいと思いやってまいりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

そもそもお前は誰やねん!?

お酒はビール1杯も飲めないけれど、プロテインは1日3杯飲める男、深谷と申します。
お昼ご飯の時にプロテイン飲んでいる男がいたら、それは間違いなく深谷でございます。
運動が好きで、仕事が終わった後も走ったり、筋力トレーニングを行ったり、フットサルなどをしています。

運動ってやっぱり身体にいい!!

私はフィットネス関連でみなさまの健康に貢献したいと考えているので、その話題を取り上げたいと思います!
今回ご紹介する内容はこちら!!
「週に約1時間の運動によってうつ病に対する著しい予防効果がある」
という海外の論文です。
でも、運動ってジム行ってタンクトップ着てダンベルもって屈強な男たちに囲まれて大変でしょ??って思ったそこのあなた!!
なんと、ウォーキングでも効果があるそうです。
セロトニンという不安や落ち込みを抑制し、気分を安定させる脳の神経伝達物質が運動によって分泌されると言われています。
今回はセロトニンとの関連についての言及はありませんが、関係があるのかなあと思っています。
私も運動後は疲労もすごいですが、やり切った充実感でいっぱいになります。
プロ野球選手のヒーローインタビューの選手もすごく清々しい顔をされていますもんね!
ご覧いただいている皆様にも是非、軽い運動からでいいので始めてみてほしいです!

こねくとでも運動プログラムが!

こねくと豊中でも毎日1時間のプログラムがあり、ウォーキングや室内運動ができるのでまずは体調を整える意味でも気軽に体験に来てください!
さらに興味がある方がいらっしゃれば、私も運動メニューや食事についてお昼休みや雑談の時間で相談に乗らせていただきますよ~

次回はより実践的なフィットネスのお話ができればなと思っていますので、よかったらまたご覧ください!!

それでは、ブログを書いた後はトレーニング行ってきます!!笑
下半身をいじめて、心身ともに成長してまいります!

*論文の内容ですが、参加者が毎週たった1時間の身体活動を実施すれば、12%の鬱病の症例が防止された可能性があることを国際的な研究チームが発見したというとても興味深い内容です。アメリカの精神科ジャーナル(American Journal of Psychiatry)において発表された貴重な研究です。英語の論文になってしまいますが、よければこちらからご覧ください。
https://newsroom.unsw.edu.au/news/health/one-hour-exercise-week-can-prevent-depression

豊中事業所ブログ