実習先見学へ行ってきました!part3

閲覧いただきまして、ありがとうございます!
こねくと新大阪で外回りと就労支援員をやらせていただいております。松本ですー!
毎度お馴染みになりつつある、実習先見学の様子を紹介していきたいと思います!

今回の実習先見学は、千里中央付近にある軽作業を中心として実習をされている企業へ行って参りました。
実習希望の利用者さんは、普段早起きするのが苦手でしたが、最近私と一緒に考えた一工夫で、朝早く起きられるようになりまして、悠々と待ち合わせ場所に到着されていました。

涙ぐましい努力に、わたくし松本は感極まり「よく来られました!すごい!」と褒めに褒めちぎりましたところ、当の本人は「まあ、なんとか、、、来れましたー」と、そんなことより緊張してます感が凄い出ていらっしゃいました。
それもそのはず、初めての体験実習の事前面談・見学ですから、無理はないかと思います。

見た目こそスーツをばっちり着こなされており、準備は万端?かと思いましたが「質疑応答をどうすればいいか分からない」と不安と緊張で考えがまとまらないご様子でした。ここは私の腕の見せ所!「なんでもフォローしますから、聞きたいこと聞き逃さないようにだけ集中しましょう!」とお声掛けし、実習希望の利用者さんも次第に普段通りの素敵な笑顔になられました。シャトルバス

新大阪から千里中央まで御堂筋線で電車移動し、千里中央からはシャトルバスがあったので、企業様まですぐに移動することができました。
実習希望の利用者さんはバス酔いを懸念されていましたが、楽しく話している間に着いちゃいました!緊張も緩和され心配なかったですね!(笑)

見学・面談

楽しい道中はここまでとして、実習先の見学の内容へうつりましょう。

こちらの企業様は、現在8名以上の障害者雇用をされています。その中で、特に意識されていることが一人一人の個性を活かすこと。そのため、業務分担は個性に合わせて適材適所で行われているとのことです。

業務内容としては、各フロアで管理されている大量の生地をピッキングすることや、断・梱包等もされていました。
みなさん黙々と集中し作業をされていましたが、上司の方の見守りや声掛けなどの温かみのある環境を見て、実習希望の利用者さんは圧倒されていました。作業風景

また、担当者の方から、当たり前のことを当たり前のようにする大変さについてもお話をいただけ、私としても改めて確認作業の大切さを実感できました。ありがとうございます!

ちょうど実習希望の利用者さんも、確認作業の能力を活かしたいという想いがあったのでマッチングはばっちりでした!
その結果、もちろんですが、事前面談はあっさり問題なしとのこと♪

ちょうど梅雨入りしてからの実習になるかもしれないので、実習希望の利用者さんも色々と心配されていますが、2週間、悔いのない体験実習をしていただけたらと思います。がんばれーーッ!(@^^)/~~~

新大阪事業所ブログ