お役立ちコラムUseful columns
Main Visual Main Visual

新大阪ブログバトン 人生の分岐点 やざわ(前編)

2021.03.03

新大阪事業所ブログ

こんにちは !
閲覧いただき ありがとうございます ( ^ ^ ) /

早いもので 3 月 になりました ! 三寒四温 という 言葉どおり ですね ^ ^

サクラの開花 を 楽しみにしている 今日 この頃です 🌸 🌸 🌸

毎日 わんこ の散歩をしていますが
サクラの時期は お花が咲いている 場所 をあちこち 回って 楽しんでます  🌸 🐶 🌸

 

 

ブログバトン
人生の分岐点 ・・・ 最終回 を務めさせていただく 最年長 の 八澤 です !
そうなんです !!! だんとつ の最年長で 支援員の 平均年齢を 爆上げしています( 笑 )
みんなゴメンよ― ― ― www

CONNECT支援員の中で 誰よりも誰よりも  人生をなが ~~~ ~~く 生きてる私 、
なので  人生の分岐点   誰よりもあるはず !!
多すぎて (笑) かなり割愛しながら  始めさせていただきます 。

 

両親のもとへ誕生

小さいころから苦労した父 強くて心優しき母のもと
この世 に 誕生できたことから 私の人生は始まります !
私が 両親を選んで産まれてきた !! これがわたしの 分岐点 のはじまりだと思っております。

公務員 と 看護師    共働きで 毎日とっても 忙しそうにしている 両親 。
小中学校時代は 登校時も下校時も家を出入りするときは自分ひとり。 それが当たり前!!!

いわゆる わたしは 「 かぎっ子 」だったのです 。

小学 3 年生 のある日 気づきました !
お友達の家へ 遊びに行くと 、 、 、 必ず お母さんが 出迎えて くれる 。

そして 手作りの美味しいおやつ が 目の前に  👀 ✨
あれっ ? ? ? うちと 違うな ~ ・ ・ ・ 。

友達のお母さんから「 いつでもおいでや~ 」 と優しく声をかけてもらったのを思い出します 。

学校が終わり 家に帰って 誰もいないのは 私の中で いつものこと 、
さみしいな ~ って 思ったことはありません 。

なぜなら 、
母は 家事をしながらも 私の話を聞いてくれたし 、休みの日には 出かけたり
手作りの おやつも 休みの日に プリンやシャーベットを 一緒に 作ってくれてたから 。

大人になった私に母は
「 あのころは寂しい思いをさせたね 。ずっと不憫に思ってたよ 。 」 ただ ただ  ( 涙 )

振り返ると 「 さみしい~ 」 っていう感情を胸の奥にしまっていたのかもしれません 。


母は 理解し  しっかりと 向き合って くれていた ! ! !

 

この母のもとに 産まれることを 選んだ私  正 解  ! ! !

 

母が私に してくれたこと  私自身の子育て にも おおいに活かされました !!
ありがとう ! ! !  亡き母  ♡ ♡ ♡   \(^o^)/

 

 

結婚やめた

いわゆる 婚約破棄 です 。

学生時代に 数年お付き合いした 社会人の彼。 思い遣りいっぱいの 誰にも優しいひと 。
学校を卒業すると同時に  婚約 、 1 年ほど働いて  結婚  を約束していました 。

が・・・学校を卒業し社会に出た わ た し 見るものすべて 世界 が 違っていたのです !
そうなんです !!  環境・人・物 などなど すべてが  、 、 、 。

もっと いろんなこと 観てみたい  ! ! 知りたい  ! !
チャレンジ したい  ! ! いろんな 人と 関わりたい  ! !

 

あっ わたし婚約してる !!! 来年には結婚 !!!

 

どうしよう 、 、 、
ムリーーーーー ごめんなさい  m(__)m

 

私の自己中心的ワガママで いろんな人を傷つけてしまいました  ( ;∀;)

その後、彼が素敵な方と結婚されたと聞き、勝手に安心 。

しかし人を傷つけたことに変わりなく わたし の 後の人生 罰が下されます 。

 

良いことも  悪いことも
 人にしたことは  自分に返ってくる ! ! !

 

「 自分に正直でいたい 、しかし 人を傷つけてはいけない 。」

「 人を傷つけてしまったら 、覚悟を持つこと 。」  を  学びました 。

 

分岐点で選んだ方が 正解か なんて わたしにはわかりません 。

正解 になるよう 自分自身が 努力することを日々心掛けないとなーって思っております   ( *^-^* )

 

前編 最後まで読んでいただき ありがとうございます  ( ^ ^ ) /

 

私の 後の人生  「 罰が下されます 」を含め後編へ続きます 。
読んでいただけたら幸いです  ♡