お役立ちコラムUseful columns
Main Visual Main Visual

【支援員の大切なお仕事】 就労移行支援事業所を通しての<体験実習>とは? コロナ禍でも体験実習に行って参りました!

2020.10.28

新大阪事業所ブログ

コロナの第2波が少しだけ落ち着いてきた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

新大阪事業所は2020年9月末で数名の方が就職が決まり、卒業されました!!
嬉しい反面、とても寂しい気持ちもあります。しかし、待機待ちされていた数名の方が新しく通所されていますので、また気を引き締めて支援させて頂きたいと思います!

2020年9月に新大阪事業所のご利用者さんが5日間 【体験実習】 へ行って参りました。
コロナ禍でも実習を受け入れてくださった企業様には本当に感謝しております。

さて【体験実習】 とはどんな風に行われるのかと疑問をお持ちの方にご説明させて頂きます。

一例として、今回の 【体験実習】 の場合・・・

企業名:障がい者ドットコム株式会社様

職種:事務系

実習時間:9:00-17:00

実習期間:月曜日~金曜日の1週間

実習場所:JR鴫野駅から徒歩6分

最寄駅は、JR東西線&おおさか東線の鴫野駅です。 駅から徒歩約6分と近くて、とても綺麗な自社ビルでした。
「久しぶりの満員電車が辛ければ10時出勤でも大丈夫ですよ」とご配慮頂けます。
障がいをオープンにして行くメリットの1つですね!


実際の職場のお写真です。 木のデスク&赤の椅子のおしゃれな席をお借りして、1週間実習させて頂きました。
(写真撮影&ブログ掲載の許可を頂いております)


①【実習の準備】
利用者さんから「実習に行ってみたい」と申し出 or 担当支援員が通所&訓練状況を鑑みて「そろそろ行ってみませんか」と打診し、双方の合意の上体験実習に向けて動きだします。 全員必ず実習に行かなくてはいけないわけではなく、行きたくない方は行かなくても大丈夫です。 あくまでもご利用者さん主体ですのでご安心してください。

②【実習の予約】
担当支援員が企業様に電話で体験実習をしたい旨をお伝えし、実習の予約を取らせて頂きます。

③【顔合わせ面談】
実習の1~2週間前に企業さんの面談室にて顔合わせを行なう事が多いです。
ご利用者さん、企業様の担当者様、就労支援員の3人で、実習時間や期間の再確認、持ち物や服装の事などを不安が残らない様に確認して決めていきます。また通勤経路に関して不安のある利用者さんに対しては、一緒に地図やPCなどで通勤経路を確認する場合もございます。

④【実習初日】
ドキドキの初日は基本お一人で出勤していただく事が多いです(配慮として同行する場合もございます)。

⑤【実習中の企業訪問】
実習期間の途中で支援員が実習されている企業様に訪問し、ご利用者さんの様子伺いや助言などをさせて頂いたり、企業様からも意見をお伺いし調整させて頂きます。

⑥【最終日の振り返り】
最終日に企業様へ訪問させて頂きます。利用者さん、企業担当者様、担当支援員の3人で行い評価を頂きます。企業様によっては最終日とは別日に振り返り日を設けたり、ご利用者さんは同席せず企業担当者様と担当支援員二人だけの場合もございます。

ざっとおおまかな流れをご説明させていただきました!

大人になってから<実習>に行けるチャンスってなかなかないですよね。
<体験実習>は就労移行事業所に通う醍醐味&メリットかと思います !!