お役立ちコラムUseful columns
Main Visual Main Visual

仕事をやっていて良かったと思った瞬間~福岡編~

2020.12.21

豊中事業所ブログ

こんにちは。

豊中事業所の福岡です。

お久し振りでございます。

今週末はクリスマス!!何かとこの時期は忙しいですね笑

豊中事業所でも就職活動が活発になっており、吉報を待ちわびている今日この頃でございます。

さて早速ですが、松澤支援員に引き続き支援員のブログリレーをさせて頂きます。
やっていこうと思うのですが、

今回のテーマは

「仕事をやっていて良かったと思った瞬間」

について、本日は私の視点から書かせて頂きます。

 

1. ズバリ!!仕事をやっていて良かったと思った瞬間とは?

私にとって仕事をやっていて良かったと思った瞬間と言われれば、

 

・自分が勤務する会社の成長を感じた時

・自分を必要として頂けた時

・会社から何か仕事を任された時

・ノルマを達成した時

・新たな人との出会いを頂いた時

・自宅に帰って「お疲れ様」と家族に言われた時

 

この6つが自分にとって、仕事をやっていて良かったと思った瞬間です。改めて考えると6つもありました。

要するに、働くことが好きなんだと思います。

2.自分が勤務する会社の成長を感じた時

私の性格は「力の欲求が強い」タイプです。力の欲求とは自分の価値を見出すことに関連する欲求です。どういう事かと申しますと私の場合は力の欲求が強いので勝負ごとになると、勝ちたいという欲求が人よりも強い為、人一倍頑張ることができます。

そういう思考で一生懸命に仕事に取組み、その結果として雇用してくれている自分の会社の数字が上がれば、これほどうれしい事はございません。

私は、過去に経営者をしておりました。当時の私は創業者である自分に誇りを持っていました。

しかし、世の中のほとんどの人間は会社という組織に属して生計を立てていると思います。

現在の自己評価は「どれだけ会社に貢献できているか」が自分の存在意義と考えています。

3.自分を必要として頂けた時

人に頼られる・・・幸せな事です。

上司や同僚、先輩、後輩、その他仕事で関りを持つすべての人、そして利用者さん。

どんな場面でも誰からでも自分を必要とされたいと思い、日々、仕事をしております。

この瞬間はとてもやりがいを感じます。

利用者さんに質問されたり、意見を求められたり、教えてくださいと言われた時は支援員冥利に尽きますね。

4.会社から何か仕事を任された時

どうしても自分の仕事を誰かに任せないといけない場合があったとすれば・・・?

 

皆様少しお考え下さい。

 

あまり話したことがない人や、初めてお会いする人に自分の仕事を任せる可能性は低いと思います。

どんな事でも仕事を任されることは信頼してもらっているからこそだと思います。

沢山の人と信頼関係を築いている人って尊敬します。

そんな人間になりたいと考えている私にとっては、少しでもそんな方々に近づけたと思える瞬間です。

 

5.ノルマを達成した時

私は社会人になってから、ノルマがない仕事に就いたことがありません。

営業職である私にとっては当たり前のことなので、体に染みついています。

ノルマとは自分の責任を数値化したものと捉えていますので、責任感が強い私は意識しないことが逆にできません。

自分の責任を全うした時の達成感はいくつになっても格別です。

(これは私の価値観なので、これがすべて正しい訳ではございません。予めご了承下さいませ。)

 

6. 新たな人との出会いを頂いた時

仕事をしている時と仕事をしていない時。

これも主観ですが、私の場合は圧倒的に仕事をしている時の方が新たな人との出会いが多いです。

仕事でもプライベートでも自分の成長に繋がるような新たな人との出会いはうれしいです。

特に仕事を通じての出会い、例えば新たな部下や同僚、利用者さんとの出会いには感謝の気持ちを持って接していきたいです。

7.自宅に帰って「お疲れ様」と家族に言われた時

自宅に帰ると、自分の奥様が「お疲れ様」、子供たちが「おかえり」と言ってくれます。

仕事をしていることが日常になっています。

いつもと同じが続くことは当たり前ではありません。

働くことで、家族を支えられている実感が沸きます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

これが、2020年内の最後の私担当のブログとなります。

今年も1年間、ご愛読頂きありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

お読みいただいた皆様にとって来年も良い年でありますように・・・。

本年もありがとうございました。