何度も確認したけどまだ心配?強迫性障害とは

「家のカギをきちんと閉めたかな?」「部屋の電気を消してから出たかな?」等々、出先などで不安に思ったことは、誰でも1度はあるかと思います。しかし、それらの不安が日常生活に支障をきたすレベルで発生しているのであれば、それは強迫性障害の可能性があります。この記事では、強迫性障害がどのようなものかまとめています。

強迫性障害とは

強迫性障害は不安障害の一種で、強い不安とこだわりがみられる障害です。例えば上記に挙げたように「家のカギを閉めたかな?」と考えることは必ずあると思いますが、その考えにより何度も家の前から離れることが出来なかったりする場合は、日常生活に支障が出ていると言えるでしょう。そして強迫性障害は大きく2種類に分けることが出来ます。まず一つ目は、強迫的な思考が頭から離れることが出来ない「強迫観念」と、何度も同じ行動を繰り返してしまう「強迫行為」の2種類です。

強迫性障害の例

強迫性障害は様々な事例が報告されていますが、ここでは一部を紹介しています。

不潔恐怖と洗浄

自分が汚れていると思い、何度も手や体などを洗ってしまう。公共のものなど(ドアノブ)等が汚れているように感じ、触ることが出来ない。

儀式行為

自分で決めた行動や順番ではないと恐怖を感じる為、その通りに行い融通を利かすことが出来ない。呪文を唱えることもある。

確認行為

戸締りやガス栓など、きちんとしているか過剰に確認する。また、自分の思っていたことと違った場合不安により再確認を何度もしてしまう。

加害恐怖

自分が何らかの原因で加害者という立場になってしまっているのかと疑い、ニュースなどに自分が出ていないのか気になってしまう状態。

物の配置、対称性などのこだわり

物を配置するのに強いこだわりがあり、自分の思った配置以外に物を置いたり置かれると、不安になる。

強迫性障害の原因と治療方法

強迫性障害が起こる原因はストレスや性格など様々考えられますが、未だはっきりしていません。しかし、強迫性障害の治療方法はあります。例えば、なぜそのような行動・思考になるのかと原因を考え、自分と向き合うことができる認知行動療法という心理療法や、抗うつ薬を服用し症状を和らげる服薬療法などがあります。

まとめ

周囲からすると「なぜこのような行動を?」と思われるかもしれませんが、本人は行動や思考を辞めたいけれども辞められずに苦しんでいることが多いです。そのため、2次的な精神疾患を患う可能性があります。そのようなことを防ぐためにも、この記事を読み、もしかして自分は強迫性障害に当てはまるのでは?と感じた方はすぐに周囲の人間や病院に相談しましょう。

病気・障害の特性